薬剤師 労働環境

薬剤師の労働環境は仕事内容によって異なります

薬剤師,労働環境

薬剤師の職場として最も代表的なものには、調剤薬局や薬のチェーン店に勤務するものになります。 調剤薬局や薬のチェーン店において勤務する薬剤師の主な仕事内容は、薬の販売業務となるわけですが、それだけではなく薬を求めている患者の体調に見合った形で調合を行うことになります。 販売目的の業務の他には、製薬メーカーのMRという仕事になり、医療現場において使用される薬について医療機関に営業をして薬を購入してもらったり、薬に関する情報を医療現場のスタッフに的確に提供する役割になります。 薬剤師の労働環境については、どのような職務に就くかによって変わってくると言えます。 調剤薬局での職務は診療所の営業時間に合わせて勤務することになりますので、診療所の休みの日が薬局においても休日になると考えられますし、定時での仕事になりますのでシフト制が苦手な人が向いていると言えます。 ドラッグストアなどの薬のチェーン店の場合では、24時間営業であると考えられますので、シフト制で働くことになります。 病院での勤務においても、基本的にはシフト制になります。 夜勤などもあり不規則な労働環境になることが予想されます。 MRの場合では製薬メーカー勤務となりますので、高い給料を見込めることができたり、自由なプランニングで生活することや休日を多く取ることも可能であると言えます。 また、薬剤師 アルバイトの掛け持ちを検討する場合には、事前に十分な確認が必要です。

薬剤師の仕事内容について

薬剤師,労働環境

薬剤師の仕事内容というと、病院や薬局で患者さまにお薬を渡すということを思い浮かべる方が多いと思います。 もちろんそういったお仕事が中心になりますが、それ以外にもたくさんの仕事があります。 処方箋を受け取ったら、そのお薬の量や飲み方が間違えていないか、飲み合わせの悪いお薬はないかなどの確認から始まり、何か引っかかることがあれば、処方されたお医者さまに電話で確認します。 年配の方などには飲み忘れを防止するためにも、必要に応じてお薬をシートから取り出して用法に合わせて1回分ずつパックしたりもします。 そうして用意できたお薬をさらにもう一度、間違えがないかを確認して、ようやく患者さまにお渡しできるようになります。 そこでもただ単に「はい、どうぞ」と渡すだけではなく、今まで飲んでいたものなら体調に変わりはないか、飲んでいて気になることはないかなどの確認をします。 また、サプリメントの中にもお薬との飲み合わせが悪いものもあります。 患者さまに他に飲んでいるお薬・サプリメントはないか、お聞きします。 安心して飲んでいただけるように、このお薬を飲んで起こりうる副作用の前触れなどもお話しします。 ここまでの流れに携わる薬剤師はひとりではありません。 何人もの薬剤師が係わることで、間違いが起こることがないようにしています。 命を預かるお仕事です。 とてもやりがいを感じることができるお仕事です。 17
2014/11/09 20:18:09 |
常勤薬剤師として病院や調剤薬局に勤務していると有給を休暇をとって余暇を楽しむということがしばしば難しくなります。病院勤務の場合には休暇をもらっても、緊急時には病院に向かえるように備えるように要請されることもありますし、そもそも人員不足で欠員が出てしまうと他の薬剤師に大きな負担になってしまうために休めないという状況にあることも多々あります。調剤薬局ではぎりぎりの人員で稼働していることが多くあり、自由に休暇を取ることができず、お店の定休日にのみようやく休むことができるということも珍しくありません。しかし、たまに休みをとるというのは日々のストレスを解消するためにとても有効な方法であり、豊かな生活を行...
休暇をとれる条件で派遣薬剤師として働くの続きはこちら
2014/11/08 17:54:08 |
薬剤師として病院勤務を行うと、人によっては大きなストレスを抱えることになります。患者さんと接する服薬指導、他の医療スタッフとのチーム医療、病棟での患者さんへの対応などの対人関係に伴うものが原因となることもあります。専門性の高い調剤業務などの他に必要となる在庫管理や医薬品情報管理などがやりたいことと違うという人もいるでしょう。また、夜勤や週末勤務、残業や時間外労働による精神的、体力的な疲労も大きな原因となります。このように多くの外因によってストレスを感じやすいのが病院勤務の薬剤師であり、それゆえに転職や退職を考えざるを得なくなることもあります。やはり薬剤師としての職を続けたいと考えたいと思うので...
薬剤師のストレスを軽減するには派遣社員となるの続きはこちら
2014/11/07 18:15:07 |
薬剤師を目指すためには、いくつかの関門を突破しなければいけません。まずは、大学の薬学部に入学する必要があります。6年間といった期間を勉強し、卒業をします。また、国家資格の取得も必須になるので、きっちりと勉強する必要があるのです。勉強をしたあとには、まっすぐに薬剤師になる人もいれば、違う仕事に就く人もいるでしょう。就職活動をするときには、自分が勤めようと考えている地域には、どのような企業があるかをリサーチする必要があります。最初に業界全体のことを把握することが大切です。平均的な年収や年齢や手当ては職を探すときには、重要なデータとなるでしょう。特に重要といえるのが、給料の次に手当てです。残業代がき...
薬剤師として働くなら手当てを考えるの続きはこちら
2014/11/06 17:10:06 |
薬剤師で転職を考えている人は、現在の職場で残業が多い、休暇を取りにくい、収入が少ないなどの理由があげられます。最初に収入が少ないので、今よりも高収入の職場へ転職したいと思った場合、なかなか希望の収入の求人は少ないのが現状です。高収入の求人もあることはありますが、ドラッグストアなどチェーン展開しているもので、転勤が多いとか、勤務先が地方の交通の便が悪い場所にあるとか、薬剤師が一人しかいないなどの場合があるので注意が必要です。収入にも関わってくることですが、転勤が多い場合や地方の職場などでは、残業も多いことが予想されます。薬剤師不足の職場が多いために、残業も多くなってしまうのです。土曜日、日曜日が...
薬剤師の有給消化率はどのくらいかの続きはこちら
2014/11/05 11:25:05 |
医薬分業の潮流に従って薬剤師の業務内容も増加し、責任負担も大きくなりました。これに伴って病院では慢性的な人材不足が生じています。しかし、薬剤師の求人が増加しているわけでもありません。これは増員によって薬剤師数を増やすと病院の経営の方に問題が生じてしまうためです。したがって、病院では少数精鋭で働いてくれる有能な薬剤師が必要とされる傾向が強まっています。一方で、ニーズも高まっており、全体的に見れば人材不足になっていることは事実です。これは医薬品の販売を行っている業者にもっとも顕著であり、医薬品を一通り陳列しようと思うと薬剤師を置くことが必要になるからです。全国展開を行っているドラッグストアチェー...
人材不足が顕著な薬剤師資格の必要な求人の続きはこちら

このページの先頭へ戻る