宮崎 駿 子供愛 ロリ

言っとくけど絶対に手を出したりはしてない。

女性にある少女性みたいなとこにひかれてるだけ

手は絶対出さない紳士であり、真のロリコンである。


「十二歳の女の子と恋愛してどこが悪い」

大塚康夫が聞く。カリ城のロマンアルバムかなんかに載ったテキストより


千と千尋の神隠、製作報告会

TV放送 インタビュー発言

「柊さんが13歳くらいですけど、

そのぐらいのガールフレンドが何人かおりまして」


「ロリコンで作中の女の子がかわいい、というだけではダメなんですよ」

(大阪アニメポリスペロ二周年記念講演より)


佐倉 大 (北久保弘之) @LawofGreen 
ダディ宮崎監督から「何でビデ倫を通る様なポルノを創る!?
観た人間が子女凌辱に走り販売出来なくて地下でブルーフィルムの上映会を開かざるを得ない作品を創ってこそのポルノだろうが!!」
と、
商業作品を全く無視した言いがかりに近い説教をされる 
2013年3月23日
http://twitter.com/LawofGreen/status/315468710838145024
実話です。庵野秀明さんが同席してますので、証人付きです。


雑誌インタビュー

1981年 全文

「とにかくいまのぼくはロリコンを口で言う男は嫌いですね。

クラリスに、ロリコン人気が集中しているということですが、

僕には無関係だと思います。

ただ、いまの若い人はロリコンをあこがれの意味で使っているのでしょう。

思春期には誰んも体験があることです。

僕の場合も{白蛇伝}の白娘に憧れた時期がありました。

1年後には卒業しましたけどね(笑)。そういうものだと思います。

それと、ぼくらはあこがれを遊びにはしなかったし、また、

大っぴらに口にすることは恥ずかしかった。恥じらいがあったんですよね

それがあったほうがいいかどうかは別問題ですけど、

「とにかくいまのぼくはロリコンを口で言う男は嫌いですね。」

 


コメント欄

気軽に書いてください。メールアドレス非公開です

スパム対策です。適当なメルアドいれてください 。

「Twitter」「Google」「Facebook」でログインでも書き込めます

comments powered by Disqus