Current Public Version: 3.5
Current Developer Version:

ダウンロード

インストール

注意: ProjectMチームは、違法コピーや違法ダウンロードを支持していません。 そして、ProjectM公式ではゲームを守る法律を遵守しています。 さらに、Project MチームはWiiのシステムの変更を推奨しておらず、”未改造版”を使うことを推奨しています。


通常版とWi-Fi版

通常版はProject Mの機能を全て使うことが出来ます。 ですが、Wi-Fiで機能させるためにはWi-Fi版を使う必要があります。 Wi-Fi版ではLRの浅押しやCスティック先行入力機能、ストック調整やステージストライク機能はありません。 Wi-Fiやリプレイを使わないのなら、通常版で遊ぶことをオススメします。 通常版とWi-Fi版の切り替えは、RSBJ01.gctファイル、menu2フォルダ、systemフォルダの切り替えをしてください。


遊ぶための準備

  • Project Mを遊ぶためには、2GB以下のSDカードをご用意ください。 もし2GBを超えるものだった場合は、Riivolutionを使うことになります。 注意:Project Mのインストールには標準パッケージの一部としてテクスチャが含まれます。 もしSDカードに何かファイルが入っていた場合は上書きされます。


ここからダウンロードできます!


インストール手順

以下の手順に従ってください。注意:未改造版の手順です。HBC版の場合はGeckoOSから起動してください。

  • Wii本体やSDカードに自作ステージにファイルがあるなら削除してください、元々入っている3つの自作ステージも削除してください、自作ステージが入っているとうまく起動できません。
  • SDカードに古いバージョンが入っている場合は削除してください、Project Mのファイルが入っていないことを確認して下さい。
  • インストーラを使用してSDカードのルートにファイルをインストールしてください。
  • zipファイルをダウンロードした場合は、ファイルを解凍し、出てくるフォルダをSDカードに移動してください。
  • スマブラXを起動し、ステージ作りを選択して下さい。
  • GeckoOSが起動するので、Launch Gameを選択します。
  • ストラップ画面でDemo v3.0の情報が再生されます。メニュー画像が下の画像になった場合は成功です、プロジェクトMをお楽しみください!



このようなメニューになれば成功です(画像は海外版のものです)


困った時は

ProjectMを起動できずに困っている方は、IRCチャットで質問してみましょう!