日本人観光客激減、ソウルの高級ホテル直撃

日本人観光客激減、ソウルの高級ホテル直撃

 最近ソウル市内の「特1級」に分類される高級ホテルと客室の年間利用契約を結んだ大企業の総務部長は別のホテルの営業担当者からこんな提案を受けた。「1泊当たりの宿泊料金をあちらのホテルが提示した18万ウォン(約1万9900円)よりも30%安い13万ウォン(約1万4300円)にするから、うちのホテルに変えないか」。部長は「18万ウォンでも昨年よりかなり安い水準だったので内心満足していたが、もっと安い提案があったので驚いた」と話した。

 業績不振に苦しむ高級ホテルが「出血競争」に突入した。韓国のホテルチェーン最大手、ホテルロッテの営業利益は2012年の447億ウォン(約49億円)から昨年は243億ウォン(約27億円)へと半減した。各国の国家元首の宿泊が多い新羅ホテルを運営するホテル新羅は昨年、ホテル事業の営業損益が206億ウォン(約23億円)の赤字だった。外国人観光客を誘致する上で競争力があるウォーカーヒルは、免税事業まで含めても昨年の純利益はわずか1200万ウォン(約132万円)だった。ソウル市と釜山市でホテルを運営する新世界朝鮮ホテルは、ホテル部門の昨年の営業利益が前年の半分にも満たない41億ウォン(約4億5000万円)に減少した。

■日本人観光客の急減

 業績不振の最大の理由は日本人観光客減少だ。2009年に300万人を超えた訪韓日本人客は12年に352万人まで増え、高級ホテル業界の主な収益源になった。しかし、韓日関係の冷え込みに円安の長期化が重なり、昨年は過去10年間で最低の228万人に減少した。

 一方、05年に71万人だった中国人観光客は昨年613万人に増えたが、中国人客は大多数がビジネスホテルやゲストハウスのように安価な宿泊施設を好むため、高級ホテルの営業にはさほどプラスにならない。ある高級ホテル関係者は「大多数の高級ホテルで日本人客が30%以上減少した。あるホテルでは半分になった。中国人客の伸びは微々たるものだ」と話した。韓国人観光客が日本のホテル料金や買い物にお得感が増したことから、韓国国内のホテルを利用しなくなったことも、釜山や済州の高級ホテルにかなり影響を与えている。

チョ・ジェヒ記者 , 洪源祥(ホン・ウォンサン)記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 日本人観光客激減、ソウルの高級ホテル直撃

right

関連ニュース