慰安婦像問題に関するオーストラリアジャパンコミュニティネットワークAJCNからのご報告


1ストラスフィールド市慰安婦像設置問題事態は膠着状態から流動し始めた

昨年4月1日のストラスフィールド市のタウンホールで開かれた慰安婦像設置問題に関する公聴会で州政府連邦政府の意見を聴いて判断するそれまで決定を保留するとの判断が下されましたこの日に反日中韓団体から出された署名と請願書に対しAJCNAustralia - Japan Community Networkも反対の意志を示すべく署名活動を5月初旬からスタート
日本人だけでなく在豪の白人アジア人韓国人中国人など人種の枠を超えて3,408名の手書き署名を集め6月7日に市側に提出しました
 その後AJCNはトニーアボット首相はじめ7名の連邦政府州政府の要人宛てに慰安婦像問題の根深さを知らせるとともに日豪友好のため善処してもらいたいとの手紙を送付したり市議会議員と定期的に面談するなど地道な活動を進めてきました

膠着状態は11月まで続きましたが12月はじめに韓人会会長が業を煮やして慰安婦像設置再推進をぶちあげ9月に新たに市長に就任したジュリアンバカリ市長に早く具体化するよう圧力をかけはじめたことにより破れ始めましたちなみにバカリ市長は慰安婦像設置を言い出した韓国系サンオク議員(元副市長と同じ保守系のLiberal所属どちらかといえば中韓に同情的で中間的な解決策を模索すると公言しています
Liberal3名Labor 2名無所属Independent)2名の構成で市長がキャスティングボートを持つため我々反対派にとっては票数では不利な状況になっていますLiberalでも連邦政府レベルは日豪との友好を優先ストラスフィールド市レベルは中韓の政治力に配慮せざるを得ないということで慰安婦像問題についてはねじれた関係になっていますトニーアボット首相は昨年5月訪日時朝日新聞のインタビューの中で慰安婦は過去の問題と切り捨てています


2予断許さぬ状況へ

3月3日のストラスフィールド市議会で既に1年がたつ慰安婦像設置問題に決着をつけるべきとの発議が慰安婦像反対派無所属議員から出されましたが市長はじめとするLiberal所属議員3名と無所属議員1名の反対で否決されました否決に回った4名はワークショップを開きもう少し時間をかけて検討することが必要との意見ですがバカリ市長が目指す双方にとって良い着地点を探すことは不可能であり市議会の苦悩が見て取れます
連邦政府州政府要人の意見は全て市に返っており今までの賛成反対の署名各界からの意見の手紙などを分析したレポートも2014年中にまとめられていますが中韓の政治力に配慮して依然として迷っていることが明らかです

しかし4月中に投票で決着といううわさもあり日本人にとって予断を許さない切迫した状況になりつつあります市議会が公開性になった場合はシドニーの日本人の皆様にはぜひストラスフィールド市に来ていただきおとなしい日本人も意思表示を行うことができることを示していただきたいと思いますAJCNからの召集についてはCheersや日豪プレスなどのメディアばかりではなくシドニーの人的ネットワークを通じてもお知らせいたします



お知らせ
AJCNは2月25日付でJCNJapan Community NetworkからAustralia - Japan Community NetworkAJCNに組織名を変更しましたJCNは日系人のみならず良識ある豪州人や欧米人を交えた混成チームであり幅広くコミュニティの融和を訴える市民団体で日系人だけの視点では活動していませんそのことを正しく反映するためにAustralia - Japan Community Network に改名することといたしました




0 件のコメント:

コメントを投稿