購読中です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいれん現象の幽玄美よ

投機家のデータマイニング・統計学・プログラミング記憶補助

Windows で VirtualBox + Arch Linux (Mate + LightDM)

はじめに


以前、こちらの記事でArch LinuxXfceで使うセッティング手順を残しました。
また、こちらの記事でArch Linuxをcinnamonで使うセッティング手順を残しました。
今回はMateをインストールしてみたいと思います。

f:id:elfcobe:20140830032747p:plain

最近GUIのアンケートみたいな記事をどこだったか忘れましたが見まして、Mateがダントツ人気だった事もあります。
Mateの推奨ディスプレイマネージャはlightdmです。

VirtualBoxでArchLinux(Mata+GDM)をゲストとして使う手順


ArchLinuxのiosイメージを入手

  • ダウンロード先 : Arch Linux - Downloads
  • Japanのミラーから進んで「archlinux-2014.08.01-dual.iso」(今回のisoイメージ)をダウンロード

VirtualBoxの下準備

1. Oracle VM VirtualBox マネージャーを起動し「新規」ボタンから「仮想マシンの作成」を以下内容で作成

  • 名前・・・ archlinux
  • メモリサイズ・・・ 3011MB
  • 仮想ハードドライブを作成する(C)にチェック
  • VDI(VirtualBox Disk Image)にチェック
  • 可変サイズ(D)にチェック
  • ファイルサイズ上限・・・306.87GB  

2. 上記で作成したarchlinuxの表示を右クリックし設定を選択、下記内容で変更

  • 「一般」を選び「高度(A)」タブの「クリップボードの共有(S)」を双方向に変更
  • 「一般」を選び「高度(A)」タブの「画面の上部に表示(T)」にチェック
  • 「システム」を選び「マザーボード(M)」タブの「起動順序(B)」のフロッピーのチェックを外し矢印ボタンで最下位に変更
  • 「システム」を選び「プロセッサー(P)」タブの「プロセッサー数(P)」を好みに変更
  • 「システム」を選び「プロセッサー(P)」タブの「拡張機能: PAE/NXを有効化(E)」にチェック
  • 「ディスプレイ」を選び「ビデオ(V)」タブの「ビデオメモリ(M)」を32MBに変更
  • 「ディスプレイ」を選び「ビデオ(V)」タブの「拡張機能: 3Dアクセラレーションを有効化(3)」にチェック
  • 「ストレージ」を選び「コントローラー:IDE」に「archlinux-2014.08.01-dual.iso」をセット  
     

VirtualBoxからarchlinuxを起動し設定を行う

1. Boot Arch Linux (x86_64)を[tab]選択し[Enter]

2. キーボードレイアウトの設定

# loadkeys jp106

3. fdiskでパーティションを作成

デバイス 容量 ファイルシステム マウント先
/dev/sda1 200M ext4 /boot
/dev/sda2 残り全部 ext4 /
  • fdiskの操作方法」を一読しておくと捗ります。・・・今回はcfdiskコマンドを使用しました
# cfdisk
/sda1の作成手順
  • [New]をクリック
  • [Primary]をクリック
  • 「Size (in MB):」のところで 200 と入力し[Enter]
  • [Beginning]をクリック
  • sda1を選択してる状態で[Bootable]をクリック
/sda2の作成手順
  • 下矢印キーで「Pri/Log Free Space」になっている場所へカーソル移動
  • [New]をクリック
  • [Primary]をクリック
  • 「Size (in MB):」のところはそのまま[Enter]
fdisk設定の保存終了
  • [Write]をクリック
  • 「yes」と入力し[Enter]
  • cfdiskの終了は[Quit]をクリック
パーティション確認コマンド
# fdisk -l

4. パーティションのフォーマット

# mkfs.ext4 /dev/sda1
# mkfs.ext4 /dev/sda2

5. マウントと確認

# mount /dev/sda2 /mnt
# mkdir /mnt/boot
# mount /dev/sda1 /mnt/boot

6. mirrorlistの調整

  • 日本のサーバーを上位に移動編集
# nano -w /etc/pacman.d/mirrorlist

f:id:elfcobe:20140827031402p:plain

7. システム関連のインストール

Linux本体のインストール
# pacstrap /mnt base base-devel
fstabを生成
# genfstab -p /mnt >> /mnt/etc/fstab
新規インストールしたシステムにchrootして作業
# arch-chroot /mnt
sh-4.3# nano -w /etc/locale.gen

切り替わったら以下行の#を取って保存
#en_US.UTF-8 UTF-8
#ja_JP.UTF-8 UTF-8

sh-4.3# locale-gen
  • LANG設定
sh-4.3# echo LANG=en_US.UTF-8 > /etc/locale.conf
sh-4.3# export LANG=en_US.UTF-8
  • キーボードの設定がJISキーボードになるように編集
sh-4.3# nano -w /etc/vconsole.conf

下記コードを入力保存
KEYMAP=jp106
sh-4.3# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
sh-4.3# hwclock --systohc --utc
  • ホスト名の設定
sh-4.3# echo ホスト名 >> /etc/hostname
好きなホスト名を設定します。
  • rootのパスワード設定
sh-4.3# passwd
sh-4.3# pacman -S grub
sh-4.3# grub-install --target=i386-pc --recheck --debug /dev/sda
sh-4.3# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
  • DHCP接続の自動接続設定
sh-4.3# systemctl enable dhcpcd.service
  • アンマウントとシャットダウン
sh-4.3# exit
# umount -R /mnt
# shutdown -h now

8. VirtualBoxのISOイメージを解除

  • 下記画像の通り「archlinux-2014.08.01-dual.iso」(今回のisoイメージ)を解除

f:id:elfcobe:20140826225345p:plain

9. 再起動とログイン

  • 再起動後、rootでログインし起動
<ホスト名> login: root
Password: <passwdで設定したパスワード>

10. ユーザーの追加設定

# useradd -m -g wheel <ユーザー名>
# passwd <ユーザー名>
# visudo

root ALL=(ALL) ALLの下に下記を追加
<ユーザー名> ALL=(ALL) ALL

sudoでpassword入力を不要にする場合は下記も追記
%wheel ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL

11. Yaourtの導入

# nano -w /etc/pacman.conf

以下のRepositoryを末尾に追記
[archlinuxfr]
SigLevel = Never
Server = http://repo.archlinux.fr/$arch

[pnsft-pur]
SigLevel = Optional TrustAll
Server = http://downloads.sourceforge.net/project/pnsft-aur/pur/$arch


# pacman --sync --refresh yaourt
# pacman -Syy

12. グラフィック環境を整える

Mateのインストール
  • Xの導入
# pacman -S xorg-server xorg-server-utils xorg-xinit xorg-xclock xterm
  • ドライバのインストール(仮想環境の場合はxf86-video-vesa)
# lspci | grep VGA
# pacman -S xf86-video-vesa
  • Mateのインストール
# pacman -S mate mate-extra muffin nemo nemo-fileroller
  • ディスプレイマネージャのインストールと自動起動の設定(root)
# pacman -S lightdm lightdm-gtk3-greeter

・・・・・テストするなら以下手順・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
# systemctl start lightdm

ログイン画面になったら、一般ユーザーとしてユーザー名とパスワードを入力
Mateデスクトップになるかどうか確認
reboot後コンソールにrootでログインし直す
# reboot
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

起動時にlightdmが動くように下記コマンドで設定

# systemctl enable lightdm
# pacman -S abs base-devel
Guest Additionのインストール
# cp /etc/skel/.xinitrc ~/
# pacman -S virtualbox-guest-utils
# modprobe -a vboxguest vboxsf vboxvideo
# nano -w /etc/modules-load.d/virtualbox.conf
下記コードを新規入力し保存
vboxguest
vboxsf
vboxvideo

# nano -w ~/.xinitrc

下記Pathを「~/.xinitrc」ファイルの上の方(execより上ならどこでもOK)に入力保存
/usr/bin/VBoxClient-all

ついでにmateの起動設定を入力
exec mate-session

※ ここから以降の設定はrootを抜けユーザーで設定を進めて行きます。

13. Userアカウントに切替えて設定

Userでログイン
# exit
<ホスト名> login: <個人ユーザー名>
Password: <passwdで設定したパスワード>
Fontのインストールと調整
  • プログラミングフォントとしてRictyをインストール
$ sudo yaourt -S ttf-ricty

Edit PKGBUILD ? [y/n] は n
Edit ttf.install ? [y/n] は y
Edit ttf.install with は [Enter]
Continue building ttf-ricty ? は y
Proceed with installation? [y/n] は y
Edit PKGBUILD ? [y/n] は n
Edit ttf.install ? [y/n] は y
Edit ttf.install with は [Enter]
Continue building ttf-migu ? は y
[v]iew package contents [c]heck package with namcap で y
Proceed with installation? [y/n] は y
[v]iew package contents [c]heck package with namcap で y
Proceed with installation? [y/n] は y
  • GUI用にotf-takaoをインストール
$ sudo yaourt -S otf-takao

Edit PKGBUILD ? [y/n] は n
Edit otf.install ? [y/n] は y
Edit ttf.install with は [Enter]
Continue building otf-ipaexfont ? は y
[v]iew package contents [c]heck package with namcap で y
Proceed with installation? [y/n] は y
  • ビットマップとヒンティングの無効化
$ sudo nano -w /etc/fonts/conf.avail/71-no-embedded-bitmaps.conf

下記コードを新規入力し保存
<fontconfig>
  <match target=font>
    <edit mode=assign name=embeddedbitmap>
      <bool>false</bool>
    </edit>
    <edit mode=assign name=hintstyle>
       <const>hintnone</const>
    </edit>
  </match>
</fontconfig>
sudo ln -s /etc/fonts/conf.avail/71-no-embedded-bitmaps.conf /etc/fonts/conf.d/71-no-embedded-bitmaps.conf
日本語変換ソフトはmozcを使う
$ sudo pacman -S mozc-im
システム全体の表示を日本語に変更
$ sudo vi /etc/locale.conf

下記コードに書き換え保存
LANG=ja_JP.utf8
LC_NUMERIC=ja_JP.utf8
LC_TIME=ja_JP.utf8
LC_MONETARY=ja_JP.utf8
LC_PAPER=ja_JP.utf8
LC_MEASUREMENT=ja_JP.utf8
キーボードレイアウトの設定
$ sudo vi /etc/X11/xorg.conf.d/10-keyboard.conf

下記コードを新規入力し保存
Section InputClass
        Identifier evdev keyboard catchall
        MatchIsKeyboard on
        MatchDevicePath /dev/input/event*
        Driver evdev
        Option XkbModel hhk
        Option XkbLayout jp
EndSection
黒い画面を終了し再起動
$ reboot
mozcの適応
  • ターミナルを開き下記を実行。
$ ibus-setup
  • IBusの設定画面が表示されるので「はい(Y)」→「OK」をクリック
  • IBusの設定画面が表示されるので入力メソッドのタブを選択
  • 「入力メソッドの選択」をクリックし「日本語」→「mozc」を選択
  • 設定画面右側の「追加(A)」ボタンをクリック
  • 「詳細」タブをクリックし「システムのキーボードレイアウトを使用する」のチェックが外れてるのを確認
  • ターミナルに戻り下記を実行
$ cp /etc/skel/.xinitrc ~/
$ nano  -w ~/.xinitrc

mateの起動設定より前に下記を追記
export GTK_IM_MODULE=ibus
export XMODIFIERS=@im=ibus
export QT_IM_MODULE=ibus
ibus-daemon -drx

ついでにmateの起動設定を登録
exec mate-session
日本語表記のディレクトリを英語表記に変更
$ sudo pacman -S xdg-user-dirs-gtk
$ LC_ALL=C xdg-user-dirs-update --force
Firefoxのインストール
$ sudo pacman -S firefox-i18n-ja
  • 「メニューバー」→「編集」→「設定」を開き「規定のフォント(D)」で「Takaoゴシック」を選択
「.bashrc」の設定
  • とりあえず下記コードを追記
# ls settings
alias ls=ls --color=auto --show-control-chars
alias ll=ls -l
alias l=ls -CF

# locale
export TZ=JST-9
export TPUT_COLORS=256
PS1=[\u@\h \t \W]\n\$ 

 
 

MATE () - ArchWiki

LightDM () - ArchWiki

 
おつかれさまでした。
 

広告を非表示にする