47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 大手銀、純利益が3・4%減 三菱UFJは初の1兆円超


     最高益を更新し、記者会見する三菱UFJフィナンシャル・グループの平野信行社長(左)=15日午後、日銀本店

     大手銀行5グループの2015年3月期連結決算が15日、出そろった。純利益の合計は、金利低下による利ざや縮小や不良債権処理費用の増加が響き、前期比3・4%減の2兆7704億円と減少した。三菱UFJフィナンシャル・グループは5・0%増の1兆337億円と伸び、邦銀で初めて1兆円を超えた。

     大手銀行グループの純利益の合計が減少したのは、リーマン・ショックの影響で赤字転落した09年3月期以来6年ぶり。国内企業は好業績が相次いでいるが、銀行への恩恵は限定的だった。

     最高益を更新した三菱UFJは海外部門がけん引した。

      【共同通信】