東京定例会(2011年12月)

定例会概要

テーマビジネスと思考のあれこれ。~次ステージへの誘い~
講師 浜本 浩二氏
日時平成23年12月16日(金)
会場第一ホテル東京 4F プリマヴェーラⅡ

講演内容

【1億稼ぐ方法】
1億円稼ぐ・・非常に怪しいフレーズですが、ビジネスは突き詰めればこの考えや思考に行き着きます。年収数百万で四苦八苦している経営者と数千万を稼ぐ人の違いと、1億円を稼ぐためのシンプルな事例をご紹介します。


【年収の罠】
年収1億円欲しいですか?
僕は欲しくありません。
年収1億とか年俸1億円とか聞くと「すげえ」と思いがちです。
でも実は僕たちのような小さな会社のオーナーはそこに目を奪われてはいけません。
ビジネスを開始するにおいて重要な「収入、年収」についてある「基準」をお話しします。
これを知らずに頑張っても「必ず不幸」になります
これを決めるから「やるべき仕事」が決まるのです。


【プロダクトトーンチの崩壊と「ビジネスモデル」】
かなりの確率で2年後ににプロダクトローンチは崩壊します。
業界自体が大変なことになるかもしれませんし、事実運営会社はびっくりするぐらいのリスクと危険性をはらんでいる。
そこに気づくことができないと危険です。
そしてそこに「安定的かつ長期的」に利益を生み出す仕組みがあるのです。


【コンサルティングという罠】(起業を考えている人)
コンサルティングって何か分かりますか?
クライアントは何を求めているのでしょうか?
そして「コンサルティングの3つの種類」があるワケですが、これを知らずに知識を磨いても全く意味がありません。


【美しい思考学】
例えばコピーライティングで稼げるなんて妄想です。
SEOが得意でも、稼ぎとは無関係です。
僕たちに必要なのはそのようなテクニックでもありません。
USPを作れ!とか、ライバルとのポジショニングがどうこう・・・・
年収数千万も取れていない自称コンサルタントや何とか塾の塾長は必死にあおるでしょう。
例えばコンサルティングの場面で僕がクライアントに一番先に言うこと。
「ビジネスは●●を徹底的に売ること」
物語でもありません。
この事を徹底的に考えることで「飛躍的な伸び」を見せることが可能なのです。


【クライアントを捕まえる方法】(セミナー集客編)

コンサル的なお仕事がしてみたい人へ。
最初の1社目を獲得する具体的な方法論をお教えします。
この方法を用いれば「かなりの確率」でお客様になってくれます。
向こうから「ぜひお願いします!」と言ってくる方法とは。


講師プロフィール



浜本 浩二

2005年に副業として「インターネット」を媒体としたビジネスに出会う。 2006年。月額10,000円を稼いだ時にネットの可能性を信じ、退社。

その後、半年で利益10,000,000円を突破。

現在はアフィリエイト業界で国内最大組織であるLFMの運営、起業家・オーナーなどを中心とした会員制コンサルティングなど各種サービスなどを手掛けている。
集客や売上アップをデザインする事が大得意であり、氏の「アイデア」「発想」には圧倒的な支持、共感があつまり話題に。
特に法人コンサルサービス(月40~80万)は2年後まで予約が取れないほど人気。

「ビジネスと思考」にフォーカスしたブログは日々1千アクセスを超える人気コンテンツとなっている。
講演家としても都内を中心に活動しており、セミナーは五万円を超える価格帯が中心でありながら、常に数分でSOLDOUT.
日本一人口の少ない鳥取県在住。現在2社を経営。
ブログ:http://ameblo.jp/fukanshikou/


定例会の様子

懇親会の様子