プレスリリース

 

2015928

 

「ふるさと納税」の新たな活用プランについて

〜カネだけでなくクチも出す仕組みへ〜

 

株式会社特区ビジネスコンサルティング

 

 当社では、ふるさと納税の新たな活用プランとして、特典に地元の特産品などだけではなく、当該自治体の行政運営に参画する機会を提供する可能性を提案しており、複数の自治体、関係者と規制改革提案(選挙権・被選挙権の付与)や現行制度下での実施計画準備などを進めています。

 思い入れのあるふるさとにカネだけでなくクチも出す機会を提示することで、ふるさと納税を更に活性化・バージョンアップできると考えています。

 こうした取組の一つとして宮崎県小林市議会議員と共同で行っていた国家戦略特区提案が内閣府国家戦略特区ワーキンググループのヒアリング対象案件に選定され、928日、ヒアリングでの正式提案を行いましたので、お知らせいたします。

 今後の他地域の取組についても、適時公表してまいります。

 

 

 

別紙・国家戦略特区ワーキンググループヒアリング提出資料

 

 

 

 

 

 

問い合わせ先            

株式会社特区ビジネスコンサルティング

http://www.tokkubiz.com/

電話/fax      03-6256-8490

MAIL     info@tokkubiz.com

担当   松島 黒澤 宇佐美

ダウンロード
0928ふるさと選挙プレスリリース提出資料付.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [1.3 MB]
ダウンロード