体外受精 確率

z体外受精の確率について

Home ≫ <個別記事タイトルタグ>

zメニュー

不妊治療の一つ体外受精とは体外受精と


不妊治療の一つ体外受精とは

体外受精とは、体外に女性の卵子を取り出し、パートナーの精子と受精させ、できた受精卵を子宮に戻し着床を施す治療です。


不妊治療にはいくつかの方法がありますが、この体外受精を行うケースは、タイミング療法や人工授精を行っても妊娠しなかった人や、体外受精でしか妊娠できないと判断された場合に行います。


現在ではこの方法で、年間1万5000人以上の赤ちゃんが生まれています。


これまでは高度医療と言われ行っている病院も限られていましたが、現在では日本全国600か所以上の医療機関で受けることができます。




・採卵まで
生理が終わって高温期になったら、排卵を誘発させるホルモンを抑える薬を使います。


これを卵を採取する前々日まで行いホルモンの状態を抑えます。


次の生理がきて3〜5日目から排卵誘発を行っていきます。


卵子が大きくなったら排卵を促す薬を注射します。



・採卵
経腔エコーで観察しながら、腔の方から卵胞を穿刺し、卵胞液とともに卵子を吸収して行います。


同じ日に採取した精子を培養液の中に置いた卵子の上に振りかけて受精させます。


受精させた卵は、培養器に入れて培養し、細胞分裂を繰り返しながら、4分割か8分割になった状態で子宮に戻します。



・胚移植
受精卵を子宮に戻すことを胚移植と言います。


通常採卵してから2日後に、カテーテルで受精卵を吸引し、膣から挿入して子宮内膜の上に受精卵を置きます。


子宮に戻すのは通常1〜3個までです。


まだ受精卵がある場合は、冷凍保存をし、再び移植するときに使います。



・妊娠判定
着床率を上げるために黄体ホルモンの薬を使用します。


黄体ホルモンは、妊娠を維持するために必要なホルモンで、妊娠判定がでるまで使っていきます。


妊娠判定は、胚移植から2週間後に行います。



・気になる値段
この治療は不妊治療の最後の切り札です。


赤ちゃんが欲しい人にとっては、是非受けてみたいと治療ですが、保険がきかない自由診療のため医療機関によってさまざまです。


平均では約30万円。


自治体によっては助成金もでるようになり、すこしずつ負担は減りつつあります。


体外受精のメリットは、精子と卵子を効率よく受精させることができることです。


また普通の治療では直接みることができない、卵や受精卵を見ることができるので、不妊原因が改めてわかることもあります。


この治療は、限られた時期にしかできない治療でもあるので、夫婦でよく話し合い検討してみることも必要かもしれません。



体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、

zメニュー


TOPPAGE

Copyright (c) 2015 体外受精の確率【体外授精】012 All rights reserved.