イメージ画像

趣味の会う友達と出会いたい!メル友と出会う方法とは!?

身の回りに共通の趣味を持つ友達がいない。特殊な趣味すぎて身近に理解しあえる人がいない…
そんな悩みを持つ人たちのために発展し続けているのがメル友募集サイトや、メル友掲示板と呼ばれるツール。
出会い系サイトとは違い、メールで話すことを前提にしているので、男性だけでなく女性にも支持されているツールです。
メル友募集掲示板には全国各地から、メル友を募集している人々が登録しますから、どんなに特殊な趣味の友人を探していたって、きっと共通の趣味に理解を示してくれる仲間が見つかります。
メールをやり取りしながらお互いの趣味について思い切り語り合うもよし、誰にも打ち明けられない悩みを誰かに相談するもよし。
メル友募集サイトは様々な使い方ができるのです。
当然、メル友を通じて出会いにつなげ、できることなら恋人同士になりたい!という男女も少なからずいます。

しかし、最初からそういった相手を狙って見つけるのは中々難しい!そこで、まずは普通のメールのやり取りからお互いの仲を深め、逆に相手に「会いたい」と思わせるのです。
相手に「会いたい」と思わせるには、相手に「この人とメールをしていると落ち着く」「メール相手はどんな人なのかしら」と興味を抱かせるところから始まります。
メールというのはお互いの顔が見えませんから、得られる情報というのは文面しかありません。
乱暴な言葉を使えば相手は傷ついてしまいますし、だからと言ってあまり慇懃無礼ではいつまでたっても距離を縮めることはできません。

ここでは、そんなメル友との接し方、距離の縮め方はもちろん、好感度を上げるメールテクニックも公開中。
どれもこれも管理人の実体験の元書かれていますから、信頼性も抜群!?
メールを通じてメル友と出会うためのノウハウをここに記載しました!
最後まで、きちんと読んでいってくださいね♪

男性の趣味や仕事は生きがい?

女性から見ると、男性の趣味や仕事に対する情熱は理解しがたいものがあるといいます。
特に、利益につながるでもないものを趣味にして、没頭している男性の姿というのは女性から見ると非常に理解に苦しむものです。
女性の趣味というのは、いわゆる自分磨きのためのものです。
自分に対してプラスになるからこそ続けているのであって、そんな女性からすると、男性の趣味はお金のムダにしか思えないといいます。
しかしそこで「そんなお金にもならないものに没頭するなんて…」なんてバカにしてはいけません。
男性の一番嫌うもの。それは自身の仕事や趣味に対する侮辱です。
趣味や仕事というのは男性からすれば生きがいなのです。
仕事や趣味を否定されるということは、自身のアイデンティティを否定されるのと同じこと。
それを否定されたら男性は傷つきますし、最悪の場合そのまま音信不通になることだって考えられるでしょう。
だからこそ、男性と付き合うということは、その男性の仕事や趣味とも付き合うことを意味します。
うかつに否定するのではなく、それも含めて相手を受け入れることです。

それを「子供みたいでバカらしい」と思うか「純粋で素敵」と捕らえるかは人それぞれですが、男性は自分の趣味を受け入れてくれる相手に対して行為を抱くのは必然です。
自分と、自分の仕事や趣味を認めてくれる存在というのは男性からも大事にされるでしょう。

また、男性の趣味というのはどんなものであれ、非常に心血を注ぐほどに濃い場合があります。
驚くほどの金額を費やしていることも考えられます。
逆にそこまで驚くほどの金額を趣味に費やしていると、やめさせるのもなかなか難しいことがあります。
趣味が許せないな…と思った場合には、潔く諦めることも大切かも知れません。

2011年11月1日

相手の言葉に共感しよう!

仲良くなりつつあるメル友との仲をたもちつつ、より距離を近づけるための秘策…
それは「共感」することです。
特に、女性のメル友相手の場合、この共感という手段は非常に有効なのです。
女性というのは男性と違い、群れで生きています。彼女たちの中には常に周囲とあわせる生活の仕方というのが求められます。
男性の場合は社会において目標達成のためには感情を押し殺さなくてはならないときがありますが、女性にはそんなの関係ありません、
女性はいつだって、感情が主体です。目標があったとしても、それを達成するために感情がないがしろにされるのは耐えられないのです。

よく、女性から相談を持ちかけられたからそれに対してアドバイスを行ったら逆ギレされたという話があります。
不本意な話かもしれませんが、女性がそうやって相談を持ちかける時というのは、大してアドバイスなど求めていないのです。
彼女たちが求めているのは自分の意見に対する同意であり、言ってしまえば味方を求めているのです。
「会社でこんなことがあったんだけど…」なんてトラブルの話をされたら、そこは「こうしたらいいんじゃない?」という解決への導きではなく、「大変だったね…」という慰めの言葉なのです。
女性は男性に「自分だけの味方」であってほしいのです。

女性同士の問題に男性が首を突っ込んでも得することは何もありません。
相談を持ちかけられても、明確なアドバイスを求められない限りは相手の話を聞き、共感し、味方になるのが一番です。
うなずいているだけで案外好感度を上げられるというのは嬉しいところかも知れませんね。

2011年11月1日

メル友じゃなきゃダメ!

突然ですがあなたには友人がいますか?家族がいますか?
身近に家族や友人がいると答える人がほとんどだと思います。しかし、そんな人ほど、なぜかメル友がほしいといいます。
日常生活では不便無いほど友人がいるのに、わざわざメル友をほしがるその訳…
それは、メル友でないと話せない話があったりするからです。

最近の若い人たちは、身近な人ほど深刻な相談を持ちかけるのをためらってしまうそうです。
だからこそ、顔も知らない身元も知らないようなメル友を求め、相談に乗ってほしいと思っているのです。
また、それいがいにも趣味についてより深く話し合える友人がほしい、交流の幅を広げたいという目的もあり、メル友を求める理由は決してひとつではありません。

メル友が特別だと感じられるのは、秘密の共有が守られるからです。
お互い、プライベートなことを何もしらない相手に対し、ひそかな交流を持ち、悩みを共有するというのは非常に貴重な経験です。
だからこそ、メル友という関係には一種の神秘性すら生まれてしまうのです。
気軽に悩みを打ち明けられる存在というのも大きいでしょう。
普段の生活の中では、なかなか自身の悩みを打ち明けるという場がありません。
メル友というのは日常生活における友人たち以上に濃密な関係を築くことができる不思議な存在なのです。

2011年10月31日