注文住宅で二世帯が快適に暮らす

注文住宅を建てる時、二世帯住宅にするかどうかを悩む人もいると思います。

現代人は、核家族も増えて年齢も生活環境も違う、さらに考え方も違う家族が大勢で一緒に生活をするということに慣れていないため、二世帯住宅の問題は今までの生活環境がガラッと変わってしまうかもしれない程の大きな問題ですよね。

でも二世帯住宅は、土地が高くて自分だけでは家を購入することが難しいという子供の現状と、今後高齢になった時に安心して暮らしたいと思う親の現状を合理的に解決することができます。

また、キッチンやトイレなど住むために必要なスペースを一部共有することによって、敷地を有効利用することができ、住まいの設備を二つずつ備え付ける必要がないため経済的だと言えます。

注文住宅で二世帯住宅を建てようとするなら、どちらかの意見に偏ることがないようにバリアフリーなどの生活空間への気配りや将来的な家族構成の変化も考慮しながらお互いがしっかりと話し合い、プライバシーを守りつつも統一感がでるように考えていかなければなりません。

注文住宅で二世帯住宅を建てるといっても、3つのタイプがあります。

同居型は、文字通り一つ屋根の下で暮らす事を言います。

同じ家に住むことによって、安心感が得られたり協力体制が自然とできてきたりします。

お風呂やトイレなどの水回りを共有することで、床面積を抑えることができます。

それによって工事費を抑えることにも繋がります。

部分共有型は、同居型に比べると更に多くの床面積が必要になり工事費もかかるのですが、共有部分と独立部分を分けることができるので、プライバシーの確保はできます。

最後は完全分離型です。

これは共有部分がない完全に独立したもので、2軒分の敷地や費用がいりますが、それぞれの生活環境を尊重することができます。

また住宅ローンや税金面で有利になります。

タイプが変われば登記方法や所有形態自体も変わるので、税金やローンを組む場合にも影響が出てきます。

どのタイプの二世帯住宅を建てるのかはしっかりと話し合って、注文住宅ならではの快適な家を建ててください。

富山で注文住宅を建てるならこれは知っておきたい!

注文住宅について詳しい情報はこちらをご覧ください。