闇金の問題を解決clearする手段

闇金は素人には手に負えない問題になります。よく逃げるという選択をする人が多いですが、独自のネットワークがありますので、そう簡単には逃れられません。よって逃げるという選択をした多くの人は、見つかって逃げるを繰り返す生活をおこなってしまいます。そのようなことはマイナスにしかなりませんので、解決clearできる場所に依頼して闇金から逃れるようにしましょう。

解決clearできる場所というと、弁護士や司法書士が挙げられます。また普通の法律家ではなく、、闇金に詳しい弁護士や司法書士にしてください。独自の解決方法を身に着けている人が多く、そして独自にそのような専門家は対応をします。他の法律家に依頼するよりは、効率よく解決への道を歩むことができますので、専門家に依頼してください。逃げてばかりでは何も解決しない問題です。迷惑行為をしてくる組織ですので、しかるべき措置をとって解決に挑む必要があります。専門家に依頼しましょう。

闇金は完済をさせてくれない

闇金はお金を返して欲しいわけではありません。できるだけ長く借りていて、その間ずっと利子を払い続けて欲しいのが本音です。これは別に闇金でなくても本当はすべてそうです。しかし闇金ほど高金利ところはありませんから、闇金ほど完済を嫌うところもないわけです。金利が低ければ低いほど完済が重要であり、金利が高ければ高いほど長く利用して欲しいわけです。月利で100パーセントというような考えられないほどの高金利を請求する場合には、入金が終わるだけで貸しているほうにはいいことはありません。当然色々言ってできる限り、一日でも完済を先延ばしにしようとするわけです。全額払い込もうとすると予約してから出ないと駄目だといったり、すぐにまた無理やり融資をしてきたりします。そうやって必要な大金を無理やり貸し付ける押し貸しの状態に持ち込まれるともう返済する事すらできないわけです。とにかく利用しないしかないのですが、もしかかわってしまったら警察に助けを求めるしかありません。明らかに違法行為ですし、十分対応してくれます。

夫に届いた裁判所からの支払督促

うちの夫が料金の未払いで支払督促を送りつけられる事態になって大変でした。
そういうとこしっかりしてると思って全部任せていたんですけど、
こんなことなら私がきっちりと家計を管理したほうがいいのかしら…?
直接、業者から連絡も来ていたはずなんですけど、無視でもしまくってたのかしら?
支払督促って、裁判所を通しての公式な書類なので、これが一度来てしまったが最後、
未払金を一気に支払うか、(支払わなければ差し押さえですって)もしくは
同封の異議申立書を裁判所宛に返送しないといけないんです。
しかも異議申立てがある場合はそれを返送するだけでは効果はなくって、
返送することによって書面の内容を認められないから、話し合いたいですっていう
意思表示をするだけにとどまって、実際に分割で払うとか、そんな借金はないと
異議を唱えるかとかの交渉は簡易裁判所で、債権者としてくださいってことになるんですよ。
本当、面倒ですよね…とはいえ、債権者の立場になってみると、債務者に
いくら催促しても支払ってもらえないから最終手段として法的措置を
とりましたっていうことですから、支払督促詐欺とかでもないかぎりは
うちの夫が支払いをしていなかったのが悪いっていう完全な自業自得なんですけど。
しかし、普段、普通に暮らしていると、こうした仕組みとかって全然
知らないままに生きているんだなぁって痛感してしまいました。
正直、法学部とかそういう専門のとこで学ばないと、法律のあれこれって
ちらっとでも読んだこともない状態で生きてるわけで。
せいぜい憲法の条文少し読んだことあるなぁくらい?
実は、今秋、支払督促がうちに届いた時点で本当、焦ってしまったんですよね。
慌てて近所の弁護士事務所に相談に行ったからまあ、ちゃんとアドバイスしてもらえて
しかるべき措置をとることができたんでよかったんですけど。
こういうことはやっぱり法律のプロの力を借りるに限ります。
ただし、相談するにもやっぱり費用がかかりますし、また裁判所でも
手数料とか必要になったので、旦那のお小遣いを私が差し押さえしちゃいました(笑)。
あと、もうこんなことが今後あったら離婚だよって釘もさして置いたんで
もうきっとだいじょうぶとは思いますが…(^_^;)
っていうか、私自身もうっかり忘れてて未払い・滞納とかしないように
気をつけないといけないですね~。
借金が支払いきれなくてとかいうことはこれまで一切借金とか
してこなかったからありえないとは思うんだけどさ。

闇金業者に返済していないと言われたら泣き寝入りです

闇金業者は、債務者が返済していても振り込まれていないと言い掛かりをつけてきます。

闇金業者の収益が乏しい場合、こういった言い掛かりで返済を無効にする事もあります。嘘を付くだけで業者は、簡単に1回の返済分を収益化出来ます。債務者は借りた弱みで泣き寝入りです。1度の無効であれば、債務者側でリカバーする事も出来るでしょう。次の期日に多めに支払えば問題ないでしょう。しかし、何度も支払いを無効にされてしまう可能性もあります。これでは債務者は一向に完済出来ません。

違法業者からお金を借りる事自体、大きなリスクです。資金的な余裕、時間的な猶予がある人は、銀行や大手消費者金融へ申し込んでください。審査が厳しい場合、中堅消費者金融から融資を受けましょう。中堅の消費者金融でも無理なら、生活自体が破綻しています。債務整理を検討すべきです。

闇金なら簡単に貸してくれます。しかし、支払いを無効にされる事を考えると、長期的にみて損失のほうが大きいです。違法業者には気をつけましょう。運悪く引っかかったら専門家に相談してください。

主婦がお金を借りる難しさ

普段、せっせと節約生活をしていても、ふとしたときに突発的に支出が
集中してしまって、困ってしまう!?っていうことってありますよね。
私も時々、生活費がピンチになることがあります。
そんなときにそれを乗り越えるために便利なのがカードローン。
やっぱり、借金っていうことでちょっと借りるのに抵抗がある人も多くいるかと思いますが
返済能力以上に借りたりしなければとっても便利なものなんですよ。
もちろん、専業主婦だと、普通の消費者金融のカードローンは、
総量規制のせいで「定期的に収入がある人」の規定から外れているので
お金を借りることはできませんが総量規制の対象外である銀行系のカードローンなら
専業主婦向けのローンプランも用意してあったりするので大丈夫。
専業主婦でも借りれるキャッシングって心強いですよね。
ただ、急にお金が必要になったときに、銀行からお金を借りるには審査などに
時間がかかって間に合わないのでは?って心配になる人も多くいるかと思います。
ですが、多くの銀行では、新規での取引開始の場合は1週間~1ヶ月も
実際の融資まで待たないといけませんが、これまで、銀行と取引していた、
つまり、通帳口座を持っている銀行でしたら、最短で即日融資可能という
ところが多いので、すでに自分の使っている銀行のローンだったらすぐに
借りられる可能性は高いですよ。
消費者金融で借りるのと特に遜色ないってすごいですよね。
当然、金利は銀行で借りたほうが消費者金融で借りるよりも低いです。
もちろん、専業主婦向けのローンは返済能力が低いので、多額のお金を借りることはできません。
銀行によりますが30万円から、多くても50万円程度だったりします。
しかし、家計の不足分を補填するくらいならこれでも十分ですよね。
私も必要な分だけ借りることにしているので、実際に一度に借りるのは
1~2万円ほどということが多いです。
旦那には黙ってこっそりと借りているので、返済するのには短期のアルバイトで
集中して稼いでお金をやりくりしています。
そうそう、銀行系のカードローンは旦那には秘密でお金を借りることができるっていうところも
かなりポイント高いですよね~(*^_^*)
もちろん、収入証明書なんかの提出も必要ありません。
一部の消費者金融では配偶者の許可がとれた場合は融資してもらえるという
ところもあるみたいですが(大手の消費者金融はまずそのサービスはやってないようですが)
やっぱりあんまり夫には知られたくないことですよね…。
だって、稼ぎが足りないとかって言われると男の人ってプライドが傷つくっていいますから。

闇金の問題で相談した相手が弁護士

生活費が不足することが多々あり、どうしてもやっていけないと、
夫には黙ってお金を借りる生活をするようになりました。
私のような専業主婦ではまともな消費者金融からはお金を借りることはできません。
総量規制とういう法律で制限があり、定期的な収入のない人は借りられないことになっているからです。
仕方なく、その総量規制の対象外である銀行系のカードローンを利用していましたが
専業主婦向けのカードローンはどうしても、限度額が低く、ちょくちょく
利用しているとすぐに限度額いっぱいまで借りきってしまいました。
そのカードローンの返済も加えてますます窮した私はついつい闇金から
お金を借りることにしてしまったのです。
落ち着いて考えれば当然のことなのですが、生活苦から頻繁にお金を借りてしまう人が
借りた借金の返済(当然、利息分で上乗せされている)ができるわけがないんですよね。
しかし、その時は、日々生きていくのだけに必死で、目先のことだけで精一杯だったんです。
そして、闇金から借りるようになると、利息は銀行のカードローンの比ではないですから
加速度的に借金額が増えていってしまいました。
借金を返すためにそれ以上に借金をすることになるから当然ですよね。
その闇金でも借りれるお金が限度額いっぱいになると、その闇金の関連会社である
別の闇金を紹介され、今度はそちらでお金を借りるように促されました。
そして、利息分だけでもいいから支払ってと甘いことを言って、永遠に
私からお金を搾取するという体制を整えたのです。
さすがにここまでくると私も何のために借金しているのかと思い、
電話相談で法務事務所に連絡をとりました。
本当なら、はじめからこうしておけばよかったんですよね…それなのに
いつまでも気づけなかった私は本当にどうしようもないおバカさんだと思います。
闇金被害に詳しい司法書士の先生だったこともあって、迅速な対応をしてもらうことが
できて本当によかったです。
もちろん、法律事務所に相談する時点では夫にはこの借金のことは
バレてしまいましたが、私が頑張って借金問題を片付けるならと
様子見で再構築する道を選んでもらえたので、私は幸せものだと思います。
借金、ましてや闇金融にまで手を出しているなんて、普通だったら
即、離縁を言い渡されてもしかたがないことだと覚悟していましたので。
ただ、この夫の温情に甘えることなく、自分の力で借金問題を解決して
いかなければと思っています。