ウィキペディアで地域発信 歩いて調べて事典を書こう (1/3ページ)

2015.8.29 07:10

国立国会図書館関西館で開かれたウィキペディアタウンで、書き込んだ成果を発表する参加者=7月、京都府精華町

国立国会図書館関西館で開かれたウィキペディアタウンで、書き込んだ成果を発表する参加者=7月、京都府精華町【拡大】

 オンライン百科事典「ウィキペディア」に、地域の歴史や文化の情報を住民の手で書き込む活動が広まりつつある。インターネットで検索されることによる地域の知名度向上に加え、書き込んだ人が地元を再発見する効果も。書き込みを促すイベントの主催者は「近所が特別な場所に見えてくる」と強調する。

 住民の力で地域の情報を書き込むイベントは「ウィキペディアタウン」などと呼ばれる。日本では2013年に横浜市で初めて開催され、長野県伊那市、北海道森町など各地に広がった。

 ウィキペディアの項目はネット検索で上位に表示される傾向があり、個人がブログなどに書くよりも、地域のことをより多くの人に伝えやすいというメリットがある。

 東京都世田谷区で9日、約30人が参加し開かれた「ウィキペディア街道」は、都内や神奈川県を通る「大山道」沿いの史跡に焦点を当てた。

神社の「手洗い場に蓋があるのはなぜ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。