6月25日
「再捜査刑事・片岡悠介 函館〜横浜・同窓会不倫殺人!」

脚 本
佐伯俊道
監 督
長尾啓司
プロデューサー
島川博篤(テレビ朝日)
小坂一雄(レオナ企画)
制 作
テレビ朝日
レオナ企画

出演
片岡悠介     寺島 進
榎本香織     南 果歩
奥村 澪      原沙知絵
浅野直樹     金子貴俊
手塚高志     杉本哲太
片岡美知恵   吉行和子
飯倉里沙子   田中美奈子
飯倉英司     神保悟志
沼田真由美   萩尾みどり
小暮ちとせ    山本陽子
           ほか

 片岡悠介(寺島進)は、未解決事件の継続捜査を行う警視庁捜査一課の刑事。バツイチで、現在は元中学校教師で口うるさい母・美知恵(吉行和子)と二人暮らしだ。
 片岡の高校の同級生でもある西青梅署長・手塚高志(杉本哲太)から、再捜査を依頼する電話が入った。今回、改めて捜査に当たってほしいのは、15年前、銀座の高級クラブのホステス・末次茜(坂口真紀)が殺害された事件だという。
 15年前の2月20日、茜の死体は郊外の資材置き場で見つかった。遺体は死後3〜4日経過しており、死因は、硬度の高いもので頭部を殴られたことによる頭蓋骨陥没。凶器が見つからず、争った形跡もないことから、どこか別の場所で殺されて運ばれたものと思われた。
 異性関係が派手だった茜に恨みを抱く人間は多かった。最も疑いが濃厚だったのは、同棲していた売れない画家・水島大樹だった。水島は事件当時、肝臓を患って入院中だったが、事情聴取で刑事が病院に向かうと、すでに逃亡した後だった。水島は人付き合いが皆無で、写真も入手できなかった。

 悠介は、“全国警察官将棋名人戦”決勝大会の大事な対局で対戦した女性刑事・奥村澪(原沙知絵)や、西青梅署刑事の浅野直樹(金子貴俊)とともに再捜査を開始。遺体の映像を確認したところ、茜の手の爪に奇妙な傷がついていることを見つけて不審に思う。
 また悠介は、犯行が2月17日と断定されていた点にも疑問を抱く。断定された根拠は、17日夜、死体遺棄現場の近くに不審な車がとめられていたという目撃証言が7件もあったためだった。
 だが、片岡悠介はただひとり、18日の深夜に不審な車を見たという大学生の証言に注目する。また、茜の部屋に残されていた水島の指紋が意外な人物と一致する。つい先日殺害されたばかりのホストクラブ店長・シモン直人(村田充)だった。
 その殺人事件は、警視庁捜査一課刑事・榎本香織(南果歩)が担当しており、香織は事件の背後に“ビスクドール(アンティーク人形)”が絡んでいると考えていた。悠介はかつて“ビスクドール”を所有していたという人形作家・小暮ちとせ(山本陽子)を訪ねるべく、函館に飛ぶが…!?