3月10日
「温泉(秘)大作戦(11)」
〜世界遺産の露天風呂に謎の美女?
熊野古道と那智の滝、パワースポットに渦巻く女の情念!
連続殺人!死体は二度殺された!?

脚 本
清本由紀
監 督
合月 勇
プロデューサー
深沢義啓(ABC)
藤井貴憲(トレンド)
黒川浩行(トレンド)
紺野 生(トレンド)
制 作
ABC
トレンド


出演
星野さつき  森口瑤子
島慎之介   東 幹久
森田梢     高樹マリア
龍村真佐子  佐藤藍子
安藤豊     河相我聞
浦田亜樹   吉村 涼
中村聡子   田根楽子
浦田冬美   高林由紀子
和泉蘭子   丘みつ子
岩田幸平   村田雄浩
城ノ内愛子  野際陽子
          ほか

 旅館コンサルタントたちが依頼を受けた旅館やホテルの立て直しを図りながら、そこで起こる殺人事件に挑む「温泉(秘)大作戦」。旅館コンサルタント業界のカリスマであり、城ノ内コンサルティングの社長、城ノ内愛子(野際陽子)の指令のもと、ファイナンシャルプランナーの資格をもつ旅館経営のスペシャリスト、星野さつき(森口瑤子)をはじめ、創作料理を得意とする料理担当の島慎之介(東幹久)、温泉のスペシャリストであり、元刑事の経験を生かす敏腕リサーチャー、岩田幸平(村田雄浩)、館内装飾やおもてなしを担当する森田梢(高樹マリア)ら4人が活躍する姿を描く、温泉あり、グルメあり、サスペンスありの人気シリーズだ。
 第11回となる今回の舞台は世界遺産が点在する和歌山県の那智勝浦。南紀勝浦温泉のマンモスホテル「ホテル浦島」からの依頼を受け、さつきたちはホテルに乗り込み、立て直しを進める。そんななか、ホテルに滞在していた旅行雑誌記者の女性に幸平が恋心を!?折しも、近辺では平安衣装姿の幽霊騒動が起こり、連続殺人事件に発展する。
南紀勝浦温泉のマンモスホテル「ホテル浦島」からの依頼を受け、ホテルの立て直しに取り掛かるさつきたち。ホテルでは観光比丘尼の和泉蘭子(丘みつ子)による曼荼羅図の絵解きが観光客相手に行われ、シンポジウムも計画されていた。
 さつきたちがそれぞれの持ち場につくなか、近辺では平安時代の装束を着た幽霊が出るという噂が立つ。なんと、幸平が幽霊を目撃。さらに、ホテルの女将、冬美(高林由紀子)の前にも現れる。だが、けがをしたにもかかわらず、幽霊の話題にはふれようとしない女将。そんな彼女の様子をいぶかしく思った幸平は調査を開始する。幸平が幽霊を目撃した熊野古道を歩いていると、湯の峰温泉のつぼ湯で見かけた女性、龍村真佐子(佐藤藍子)と再会。真佐子はホテル浦島に滞在し、取材をしている旅行雑誌記者だった。そんな真佐子と話す機会が増えるにつれ、幸平は彼女にひかれていく。
 幸平の調べで、平安衣装の幽霊は、1年前にホテル近くの断崖から平安衣装のまま飛び降り自殺をした女性の一件と関わっていることが判明。ホテル浦島に出入りをしていた添乗員の喜代美で、婚約破棄を苦にしてのことだった。相手の男性は現在もホテルに出入りする旅行会社の安藤豊(河相我聞)。実は、女将は、娘の亜樹(吉村涼)を安藤と結婚させたがっていたというのだ。もしや、女将が喜代美に別れを迫ったのでは・・・と、さつきたちは推測する。
 そんな折り、平安衣装姿の遺体が発見された。殺害されたのはホテルに出入りしていたマッサージ師の聡子(田根楽子)。彼女と女将が対立していたため、女将が疑われるが、安藤がアリバイを証明する。だが、安藤は両親の死後、女将に育てられたため、身内も同然。しかし安藤は、女将を赤の他人だと冷たく突き放す。そんな安藤の態度を不思議に思い、さつきが問い詰めると・・・!
 平安衣装の幽霊は聡子の仕業だったにもかかわらず、再び、平安衣装の幽霊が現れ、第二の殺人事件が発生。一方、雑誌記者だといっていた真佐子が、実は元新聞記者で、偽名を使っていることが発覚。そのことを尋ねた岩田に真佐子は、事件記者をクビになったが、スクープを取って、返り咲きたいと告げる。真佐子に想いを寄せる岩田は彼女を応援しようと、2人で事件を追うが・・・。