石原さとみ、2年連続で最も多く雑誌の表紙飾る

2016年3月4日0時0分  スポーツ報知
  • 石原さとみ

 日本雑誌協会などは、3月4日の雑誌の日にあわせて、最も雑誌の表紙を飾った回数の多かった女性を選ぶ「第2回カバーガール大賞」を発表。女優の石原さとみ(29)が2年連続で受賞した。

 2015年の1年間に発売された約1万誌の中から、「anan」や「Ray」など約25誌の表紙を飾った石原。ファッション系に限らず、「Voce」や「bea’s up」といった、ヘアカタログやメイク、美容系専門誌も網羅し、ファッション部門や年代別20代部門も独占した。

 一方、「おフェロメイク(おしゃれ&フェロモン)」の火付け役となった「ar」5月号を飾った有村架純(23)は、意外にもファッション誌よりも「ウォーカー系」のタウン誌を多く飾り、「旅行・タウン部門」を受賞。「エンタメ部門」は、NHK朝の連続テレビ小説「まれ」やTBS「下町ロケット」に出演し、TV雑誌を中心に登場した土屋太鳳(21)が受賞した。

 「コミック部門」はHKT48の宮脇咲良が受賞。「週刊少年チャンピオン」「週間漫画アクション」など、漫画雑誌を幅広くジャック、最強OBの大島優子らを押しのけた。また「グラビア部門」は、おのののか(24)が受賞した。

 年代別では、10代が「Seventeen」3月号で広瀬アリスと姉妹出演を果たした広瀬すず(17)。30代は小泉里子(34)が獲得した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)