産経ニュース

【「慰安婦」日韓合意】元慰安婦が続々訪米、合意無効の訴え展開 会談の潘基文氏も弁解、国連関係者発言を追い風に

ニュース 国際

記事詳細

更新

【「慰安婦」日韓合意】
元慰安婦が続々訪米、合意無効の訴え展開 会談の潘基文氏も弁解、国連関係者発言を追い風に

11日、ニューヨークの国連本部で会談する元従軍慰安婦吉元玉さん(右)と潘基文国連事務総長(共同) 11日、ニューヨークの国連本部で会談する元従軍慰安婦吉元玉さん(右)と潘基文国連事務総長(共同)

 これに先立つ8日、元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さん(88)が国連本部で記者会見し、「被害者の声が完全に無視された」と合意を非難。ワシントンでは9日、吉さんと支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」の尹美香(ユン・ミヒャン)常任代表らが日本大使館前での抗議集会に参加し、日本政府に謝罪と賠償を求めた。在米韓国系住民向け新聞「コリア・タイムズ」によると、尹氏は会見で「合意に米政府が圧力をかけたのは公然の事実なので、滞在中に抗議する」と語り、矛先を米国にも向けた。

 国連女子差別撤廃委の勧告に加え、ゼイド人権高等弁務官も「元慰安婦から疑問の声が出ていることは重大だ」と批判したことを“追い風”に米国で合意無効を訴えている。李さんはサンフランシスコやロサンゼルスなどでも講演し、日本政府の糾弾を続ける。吉さんらは複数の大学などで被害体験を語るといい、20日ごろまで滞在する。

関連ニュース

潘氏、元慰安婦に苦しい釈明 日韓合意歓迎は「内容を歓迎したものでない」? 初の会談

「ニュース」のランキング