TYO

Back to Current Issue

Conversations With People We Like # 8 ShiShi Yamazaki ししやまざき

Interview by K. Hartrum
Translation by Mari Yamazaki
995967_10151847798087495_825296701_n

日本語訳は下にあります。

Born in Tokyo in 1989, Shi Shi Yamazaki is an unbelievably gifted, young animator, video artist and illustrator living in Japan whose work I luckily stumbled across a year ago when I saw her 2011 video entitled YA-NE-SEN a Go Go. In 2013 Shi Shi released another rotoscope animation utilizing video and hand-painting with watercolors in YAMASUKI YAMAZAKI やますき、やまざき (possibly one of my favorite animated shorts of all time) which garnered plenty of praise and various awards. Both pieces (like all of her work) are incredibly warm and lively, and her unique eye for color, movement and genuine fun has (understandably) amassed a fair amount of positive attention from around the globe. Yamazaki has done work for international brands such as PRADA, Panasonic, PARCO and Shiseido.  Her video pieces have been shown internationally including a recent show on the Seine river in Paris. She has even contributed a collection of illustrations to our humble TYO mag‘s 3rd issue. Fortunately, I was able to share a brief conversation with the lovely and talented Tokyo native just days before the unveiling of her new exhibition entitled SHI SHI YAMAZAKI NO OMOSHIRO NAMA at Harajuku Rocket on September 6. Yamazaki san talks about cartoons, her process and a lifelong mask project.

日本語訳は下にあります。

KH: Thanks for taking the time to talk with me. I know you must be very busy with your upcoming exhibition. Where are you right now as you answer these questions?

ShiShi: On a train, at the cafeteria Oura on Tokyo University of the Arts Ueno campus and at home.

KH:  Can you tell me a about where you grew up and what your childhood was like?

ShiShi: I was born and grew up in the suburbs of Tokyo. I was very talkative, and I used to make bunny ears or something like baikin man’s ears (a character from a famous TV show for children, Anpanman ) and wore them to school.

KH: When did you begin to make things? Were you always interested in art?

ShiShi: I’ve been making things ever since when I was old enough to walk and talk. Yes, I liked drawing.

KH: How about your parents? Did they encourage you to explore your creative side?

ShiShi: Of course!

KH:  I’ve read that you attended Tokyo University of the Arts. How was that experience? Were you able to work with interesting people as a student? Anybody in particular that really helped you mature as an artist?

ShiShi: What influenced me the most was that I met friends who had different perspectives, or alternative views about similar things and they were able to  understand ideas of mine that had not been previously accepted by others.

KH: Let’s talk about your daily mask project. What is the idea behind that?

ShiShi: I call them “masks,” but they are not a product. I am working on creating a new and simply interesting “shape of a face” every single day. It is my personal lifetime work for now. I try not to become too conscious when I draw because then I am able to discover my unintentional habits or tendencies later when looking back on each face I had drawn over the past month or six months. This is interesting to me. I cannot imagine at all what kind of faces I’ll draw in 20 or 30 years, but I am really excited to see them in the future because the face of today will continually develop every day. That is all I’m looking for.

KH: How many have you made and how long do you plan to continue it?

ShiShi: I’ve made 1206 masks as of August 28th, 2013. I’ll continue this forever.

KH: How about your animations? I know you use a mixture of water-color drawing and video. What is your process for creating things like YAMASUKI YAMAZAKI and YA-NE-SEN A Go Go, etc…?

ShiShi: I use a technique called rotoscope animation in which I trace over footage. The process is as follows: shoot the footage→edit→split into images and output them→trace →color →scan→edit.

yamazaki01

KH: There’s a lot of dancing in your videos. What is it about dancing and human movement in general that you find aesthetically pleasing?

ShiShi: If the dancer is professional, I think the well-trained body itself is aesthetically pleasing. I’m totally amateur in terms of dance, and I would need to study more about it.

KH: What is your agenda for the future? What do you hope to accomplish creatively?

ShiShi: I want to master my original technique or quality in video expression within 5 years, and be able to make things and work overseas as well.

KH: I’m very interested in your individual processes as an artist. Do you have a set working schedule? For example, do you wake up and draw every morning for 3 hours, or do you just do things as you please?

ShiShi: I don’t really have a set working schedule except I do my Daily Mask Project every day. I am just careful not to change the rhythm of everyday life especially when I am busy.

KH: On September 6th you have a solo show opening at ROCKET in Harajuku where you’ll show new video work. What can you tell us about it?

ShiShi: I have lots of original footage material which I shot during the processes of making rotoscope animations from the beginning. I sometimes show them to others, and I get very good reviews which made me realize the original footage materials alone were attractive. I decided to show many of them for this solo exhibition, though I feel a little embarrassed. There will be a full lineup of events such as displays of life size figures, goods, workshops, talks and foods in collaboration with food artists.

KH: Sounds great. Do you have an idea for a next project or are you already working on something new?

ShiShi: I am planning to finish a new work by March of next year.

KH: Who are some of your favorite artists / creators that inspire you and your work?

ShiShi: I cannot think of anyone in particular, but I realized recently that I was strongly influenced by TV cartoons such as Tonde Burin, Kiko Chan Smile and card Cardcaptor Sakura.

KH: What are your top three foods?

ShiShi: Milk, sushi, natto, and eggs. (I couldn’t choose just 3.)

Handsome Mask from Shishi Yamazaki on Vimeo.

SHI SHI YAMAZAKI NO OMOSHIRO NAMA will be shown at Harajuku Rocket
2013.9.6(fri) – 9.17(tue)
OPEN HOURS:12:00-20:00

EVENTS:

Talk: 9/7 (Sat 19:00-20:00)/ doors open at 18:00
Guest: Hirano Sakiko
1200 yen with a drink/ RESERVATION NEEDED

Workshops with Shi Shi and others
9/8th (Sunday 14:00-15:00)
9/14th,15th (Saturday 14:00-15:00/Sunday 16:00-17)
2,000 yen

Closing Party
9/17th (Tues 18:-20:00)
Everyone’s invited

ShiShi’s homepage

日本語

1989年東京生まれ。ししやまざきは信じられないぐらいの才能を持った若手ビデオアーティスト/イラストレーターである。私は幸運にも1年前(2011年)にYA-NE-SEN a Go Go と言うタイトルの彼女のビデオ作品に偶然出会い、彼女のことを知りました。2013年には、ビデオと手描きの水彩画を取り入れた新しいロトスコープ作品、YAMASUKI YAMAZAKI やますき、やまざき を発表し、多くの称賛と賞を得た。(おそらく今までで私の一番好きなビデオアニメの1つである。)(彼女の他の作品と同様、)この両方の作品は、非常にあたたかく、活き活きとし、その色や動き、楽しさの独特な表現は、世界中から注目を集めている。彼女の作品はプラダやパナソニック、パルコや資生堂と言った国際的ブランドにも採用され、最近ではパリのセーヌ川でのショーで紹介されるなど、国際舞台に登場している。恐縮ながら、彼女は私達TYOの第3刊のためにイラストも提供してくださいました。9月6日に原宿のRocketで、SHI SHI YAMAZAKI NO OMOSHIRO NAMAというタイトルの新しい展示が公開されるほんの何日か前、私は東京出身のこの才能あふれる素敵な彼女と、簡単にお話しさせていただくことができました。マンガと彼女の制作過程、そして「マスク」について語ってくださいました。

KH: 1年前にあなたの作品に出会って以来、ファンになりました。私と話す時間を設けていただきありがとうございます。次の展示会に向けてとてもお忙しいことと思います。今はどこで私の質問にお答えくださっているのですか?

ShiShi: 電車の中/芸大上野キャンパス大浦食堂/家です。

KH: あなたの過去についてお聞かせください。育った場所やどんな子供時代だったかについて教えていただけますか?

ShiShi: 東京郊外で生まれ育ちました。すごくおしゃべりで、自分で作ったうさぎの耳や、バイキンマンの耳みたいなのを着けて学校に行ってました。

KH: ものをつくり始めたのはいつですか?アートにはいつも関心あったのですか?

ShiShi: 物心ついた時から作っています。絵を描くのが好きでした。

KH: ご両親はあなたの創造的な面を生かすことを、応援してくださいましたか?

ShiShi: もちろん!

KH: 東京藝術大学をご卒業されたと伺いましたが、そこでの経験はどのようなものでしたか?生徒として、興味深い人たちと活動することができましたか?アーティストとして、特にあなたを成長させてくれた人が誰かいれば教えてください。

ShiShi: 同じもの一つにしても考える事の幅広さや方向性が違ったり、逆に今まで共感してもらえることの少なかった事を共感してくれる友達が出来たことが一番大きいです。

KH: Daily Mask Project(一日一個の顔を毎日制作するプロジェクト)」についてお伺いします。プロジェクトの背景にはどんなアイデアがあるのでしょうか?

ShiShi: マスクと言えども、プロダクトとしてのマスクではなく、単に面白くて新しい「顔の形 」を、毎日欠かさず作り続けるということをしています。今は個人的なライフワークにとどまっています。なるべく意識的にならないようにして描いていくようにしています。そうすると、後からざっと1ヶ月分、半年分と見返したときに、意図せぬ傾向やクセが見えてきます。それが面白いのです。
20年後、30年後と年をとった自分が一体どんな見た目の顔を作るのか、全く想像がつかないのですが、今日の続きのその先に、それが姿を表す事になるのだと思うと、本当に楽しみです。それに尽きるといった感じです。

KH: 今までに何個ぐらい作ったのですか? これからどのくらい続けていく計画ですか?

ShiShi: 2013年8月28日現在で、1206個です。ずっと続けます。

KH: アニメーションについてはどうでしょうか? 水彩画とビデオをミックスされていますが、「Yamasuki Yamazaki 」や「 YA-NE-SEN A Go Go」などのクリエイティブな作品の具体的な制作過程はどのようなものなのでしょうか?

ShiShi: ロトスコープアニメーションといって、実写をトレースしたものです。
実写を撮影→編集→画像に分割して出力→トレース→ 着色→スキャン→編集 といった段階を踏んでいます。

KH: ビデオにはダンスが多く取り入れられていますが、あなたにとって、ダンスや一般的な人間の動きのどんな部分が見て美しいと感じますか?

ShiShi: プロフェッショナルなものだと鍛え抜かれた肉体そのものが美しいと思います。私はダンスに関しては完全にアマチュアなので、もっと勉強する必要があるのではないかと思っています。

KH: 将来プランを教えてください。創造的にはどんなことを達成したいとお考えですか?

ShiShi:5年以内に映像表現において独自のテクニックや質感を獲得する事。国外でも制作活動や仕事ができるようになる事。

KH: アーティストがどのような過程で作品づくりを進めていくのか、とても興味があるのですが、何か決まったスケジュールをお持ちですか?例えば、毎朝起きて3時間絵を描くとか、それとも、気分次第で取り組むとか、何かあれば教えてください。

ShiShi:  Daily Mask Project 以外には特にありませんが、忙しい時ほど生活リズムが崩れないように気をつけています。

KH: 9月6日に原宿のROCKETで個展のオープニングがあり、新しいビデオも上映されるそうですね。それについて何か教えていただけますか?

ShiShi:(オープニングパーティではなくクロージングパーティーがありますよ)
ロトスコープアニメーションの制作のためにはじめに撮影した実写素材がたくさん溜まってきているのですが、ときどき人に見せたりするとかなり反応が良いので、これはこれで魅力があるのではないかと思い、少し恥ずかしいですが今回の個展で大放出する事にしました。
等身大フィギュアの展示やグッズ販売、ワークショップ、トークショー、フードアーティストとのコラボフードの販売など、イベント目白押しです。

KH:  次のプロジェクトのアイデアはあるのですか?それとも、もうすでに新しい何かに取り掛かっていますか?

ShiShi: 来年の3月に新作が完成する予定です。

KH: あなたが影響を受けた、お気に入りのアーティストやクリエーターは誰ですか?

ShiShi: 特にこの人、というのはないですが、とんでぶーりん、きこちゃんスマイル、カードキャプターさくら、などのテレビアニメから受けた影響が強いということを最近自覚しはじめたところです。

KH: 一番好きな食べ物を3つ教えてください。

ShiShi: 牛乳、寿司、納豆、卵(3つはむりでした)

YAMASUKI YAMAZAKI やますき、やまざき from Shishi Yamazaki on Vimeo.

ししやまざき「ししやまざきの おもしろ生ビデオ」
2013.9.6(fri) – 9.17(tue)
OPEN HOURS:12:00-20:00

【TALK EVENT】
「平野紗季子の、ここがすごいよ ししやまざき」
9月7日(土)19:00-20:00 (入場開始18時半〜)
GUEST : 平野紗季子
予約・当日:1200円(ドリンク付き)
※小さな会場のため、ご予約がおすすめです。

【CLOSING PARTY】
9月17日(火)18:00-20:00
FOOD : おかしい屋
どなたでもお越しいただけます!皆様お誘い合わせの上、お越し下さい。

【WORKSHOP】
「ししちゃんの、ふくわらいチャーム」を作るワークショップ

9/8日(日)14:00-15:00
9/14、15(土、日) 14:00-15:00 / 16:00-17:00
参加費:2000円

http://shishiyamazaki.com/