2013年07月21日

OFLの利用に関してSILに問い合わせてみました

silofl.png


以前SILオープンフォントライセンスについて記事を書かせていただきましたが、コメントでグッズ類に関する商用利用について質問をいただきまして、いい機会ですので調べてみることにしました。

思えば、オープンフォントライセンスのライセンス文には「著作権表記があれば自由に使える」と、書かれているものの、公式のFAQでは著作権表記は任意とのこと…。また、商用利用に関しては出版物にしか言及されてなかったんですね。(FAQで出版物に利用することは認められています。著作権表記は任意です。)

と、いうわけで、

・Tシャツや文房具などにOFLは利用していいの?
・企業のロゴにOFLは利用してもいいの?

という旨をSILにメールしました。私のヘッポコ英語メールで送ったので、冷やかしかと思われてスルーされるかと思ってたんですが、1時間で返信がきました。すごいです、SIL。以下がその内容です。ブログに掲載してもよいとの返事を頂いたので、載せます。


Dear Rie,

Thanks for your enquiry.

Deriving any kind of graphic from the outlines of an open font is permitted as it is considered normal usage of a font. Some EULAs in the type industry restrict use in a logo, online or in print but this is not the case for any fonts released under the OFL: their authors, by choosing to release under OFL, allow you to use them for any kind of graphic design work. So if you add text using an open font to a logo or another kind of graphics you remain the author and copyright holder of that newly created graphic, you are simply using an open font. It is when you redistribute, bundle or modify the font itself that other conditions of the license have to be respected. But for usage, go ahead. You don't have to mention that you have used that particular open font (although for some publication a colophon is a nice touch but it is entirely optional).

I hope that clarifies it for you. If you have further queries feel free
to get back in touch.

Regards,
Martin



以下が太字の個所の和訳ですが、間違ってたらごめんなさい。詳しい方、指摘していただけると非常に助かります。
*コメント欄でyy_y_ja_jp様にご指摘いただき、該当箇所を訂正しました。(2014/3/31)


オープンフォントのアウトラインからグラフィックを作ることは、フォントの通常の使い方と考えられるので許可されています。いくつかのEULA(End-User License Agreement ソフトウェア使用許諾契約)ではロゴやオンライン、印刷などの工業の使用を制限されていますが、OFLのもとで発行されたフォントはこのケースにはあたりません。
OFLのもとで発表することを選んでいる作者達はあなたにどのようなグラフィックに使用することも許可しています。
したがって、あなたがもしオープンフォントを使ったテキストをロゴや他のグラフィックに追加したときは、あなたはその新たにできたグラフィックの作者・著作権保持者であり続けます。あなたはオープンフォントを単に使っているだけだからです。あなたがそのフォント自体を再配布したり、製品に同梱したり、改変するときには、そのライセンスの他の条件も尊重しなければなりません。
しかし、使用に限ってはご自由にどうぞ。あなたは使用したオープンフォントについて言及する必要もありません。(もちろん、出版物の奥付はいいことですが、完全に任意です。)



…と、いうわけで、SIL的にはフォント自体を再配布しなければ自由に使ってよいとのことです。
著作権表示もしたければしてよいということでした。
以前、フォントを使ったグッズは止した方がいいのかも?と、記事で書いてましたが、
OFL的には何の問題も無いようです。うーん、太っ腹!

というわけでまたまたオープンフォントライセンスのフォントを集めてみました。
こんなクオリティの高いフォントが自由に使えるのはとても素晴らしいですね。

Averia
f1.png
http://iotic.com/averia/


CHUNKFIVE
f2.png
http://www.fontsquirrel.com/fonts/ChunkFive


Floral Caps Nouveau font
f3.png
http://www.fontspace.com/george-williams/floral-caps-nouveau


Hardman
f4.png
http://www.fontspace.com/peter-wiegel/hardman


LOVERS QUARREL
f5.png
http://www.fontsquirrel.com/fonts/lovers-quarrel


Takraf 3d
f6.png
http://www.sonntag.nl/seiten/free/takraf/



ブログランキングに参加しています。
気に入ったらクリックをお願いします。



ウェブデザイナー ブログランキングへ

blogramで人気ブログを分析
タグ:SIL 商用利用 OFL
posted by リエ at 21:43| Comment(4) | フリーフォント
この記事へのコメント
通りすがりの者ですが大変参考になりました。
ありがとうございます。
Posted by my at 2014年03月28日 18:21
my様
こちらこそコメントありがとうございます。
SILがメールの掲載許可してくれたおかげでこの記事が書けました。ありがたいことです。
Posted by リエ at 2014年03月29日 05:50
> Deriving any kind of graphic from the outlines of an open font is permitted as it is considered normal usage of a font.
オープンフォントのアウトラインからグラフィックを作ることは、フォントの通常の使い方と考えられるので許可されています。

> So if you add text using an open font to a logo or another kind of graphics you remain the author and copyright holder of that newly created graphic, you are simply using an open font.
したがって、あなたがもしオープンフォントを使ったテキストをロゴや他のグラフィックに追加したときは、あなたはその新たにできたグラフィックの作者・著作権保持者であり続けます。あなたはオープンフォントを単に使っているだけだからです。

> It is when you redistribute, bundle or modify the font itself that other conditions of the license have to be respected.
あなたがそのフォント自体を再配布したり、製品に同梱したり、改変するときには、そのライセンスの他の条件も尊重しなければなりません。

といった感じでしょうか.
Posted by yy_y_ja_jp at 2014年03月30日 12:30
yy_y_ja_jp様
ご指摘ありがとうございます。とても助かります。
こうして見ると私の翻訳はかなり危ういですね(汗)。
Posted by リエ at 2014年03月31日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: