欠かせないバイク保険

バイクでも任意保険はしっかりと

バイクと保険 車の場合ほとんどの方が任意保険に加入していますがバイクの場合、加入していないライダーの方もいます。
特に原付など低排気量になればなる程多くなります。
自賠責で十分という考え方や、事故になりそうになったら転倒してでも回避出来ると考える方もいます。
ですが、自転車に撥ねられて死亡するという事故も実際にあるのです。
どんなに運転技術の高いライダーであっても、スピードが出ている以上よりもリスクが高いのは自明の事でしょう。
ですのでバイクでもきちんとした保証の任意保険には加入しておきたいものです。
最低でも対人無制限は必須でしょう。
対物保証に関しては、車とは違い「相手の車を廃車にしてしまう」位の事故にはまずなりませんし、建物を激しく破損させる事もまずありません。
どちらかと言えば廃車になるのはバイクの方になりますので、あくまで自己責任ですが車のように無制限にする必要はありません。
搭乗者、車両、盗難の各保険についても車程きつく考える必要は無いと思いますが、自分のバイクに乗る主目的を考えた上で業者の方とよく相談して決めれば良いでしょう。
業者さんはプロですのでそれに合ったプランを提示してくれます。
保険料は、いざ事故を起こしてしまった時を考えると安いものです。

バイクでも任意保険はしっかりと

バイクの名義変更手続きは、販売店で購入した場合や買取店で売却した場合は店側で行ってくれることが多いですが、個人間で売買を行った場合は取引を行った当事者自身で手続きを行わなければなりません。
では、バイクの名義変更手続きにおいて必要となる書類にはどのようなものがあるのでしょうか。
バイクの名義変更手続きにおいて申請書以外に必要となる書類は、対象の車種の排気量によって異なります。
排気量に関係なく必ず準備しなければならない書類としては、譲渡証明書、自賠責保険証明書、ナンバープレート、軽自動車税申告書が挙げられます。
また、書類には押印をする欄があるため、認印も手続きの際には持参の必要があるでしょう。
上記以外には、排気量が251cc以上のバイクの名義の変更時には車検証、軽自動車税納税証明書、発行後3ヶ月以内の住民票、手数料納付書が必要で、125cc超250cc以下の車種の場合だと軽自動車届出済証とその記入申請書、および住民票が必要となっています。
125cc以下のバイクの場合は、廃車証明書、標識交付証明書、運転免許証をはじめとする身分証明書が必要ですが、名義変更の手続き自体が無いため、いったん廃車手続きを行ってから、再登録手続きを行って名義を変更をすることになります。

バイクを選ぶなら

バイク買取査定はお客様満足度95%超!

バイク査定を依頼するなら