トップページ > 製品情報 > ケーブル > USBケーブル > USB3.1とは?

USB3.1とは?

USB3.1って何?

新規格「SUPER SPEED PLUS」モード

USB 3.1は、2013年7月31日に制定されたUSBの新しい規格です。2015年3月にApple社が発売した新しいMacBookにポートが搭載され、話題になりました。
USB3.1規格では、USB3.0のデータ転送速度5Gbpsの「SUPER SPEED(Gen 1)」モードに加えて、新たに最大転送速度10Gbpsを誇る「SUPER SPEED PLUS(Gen2)」モードが追加されています。
USB3.1は互換性があるため、従来の機器(USB 3.0/2.0/1.1)を接続して使うことも可能です。(※USB3.1の速度は互換性がありますが、USB3.1 Type-Cコネクタには互換性はありません。)

裏表の区別なく挿せる、新しいコネクタを採用

USB3.1には新しいコネクタ規格が採用され、形状が上下左右対称なデザインになったのでどちらの向きでも挿し込めるようになりました。従来のコネクタでは上下反対向きで挿せない問題が頻繁に起こっていましたが、USB3.1コネクタでは解消されました。
また、耐久性が大幅に強化されたことも大きな特徴です。従来のUSB Micro-Bコネクタは約5,000回の抜き挿しが限界ですが、USB3.1コネクタは約10,000回もの抜き挿しに耐えることができます。スマートフォンなど、抜き挿しする回数の多い機器の接続に便利です。

SUPER SPEED +

USB 3.1規格「SUPER SPEED PLUS」

Type-C

USB 3.1 Type-Cコネクタケーブル

USB3.0より進化した3つのポイント

データ転送速度の向上(USB 3.1 GEN2以降)

USB 3.1はデータ転送速度が10Gbpsに強化されました。以前のUSB 3.0でも5Gbpsと十分速い転送速度ですが、さらに2倍も高速化しています。例えるなら新幹線(時速300km)からリニア新幹線(時速600km)に乗り換えるようなもので、大容量のデータを移動する時間もUSB3.1なら大幅に短縮できます。
例えば、ハイビジョンサイズ以上の大容量な映像データも、USB 3.1に対応したHDD・SSDを使用すればスムーズに移動ができます。

USB3.0の約2倍速い

電気供給能力の向上

USB 3.1は電気の最大出力が20V・5A(100W)まで強化されています。これはUSB 3.0の5V・900mA(4.5W)と比べて約22倍もの電源供給が可能です。さらに以前のUSB 2.0規格から比べると約40倍にもなり、飛躍的に電源供給能力が高くなっています。
このため、プリンターやHDDなどの高電力が必要な周辺機器にも、ACアダプタなしで電源を供給できます。USB 3.0以前の規格では対応機器からパソコンへの電源供給はできませんでしたが、USB 3.1規格からは可能になりました。

※規格上の最大出力は100Wですが、USB3.1対応の機器やケーブルは100Wに対応していない場合がありますのでご確認ください。

USB3.0の約22倍大きい

USBだけで全ての機器を接続

最大10Gbpsという高速転送速度を活かし、周辺機器を全てUSB 3.1で接続できるようになりました。
従来は、外部ディスプレイやLANハブ、電源ソケットなどの接続には専用ケーブルが必要でしたが、USB 3.1対応のType-Cコネクタを持つ機器であれば、USBケーブルだけで全ての機器を接続できます。1080p以上のHD映像の転送、SSDやHDDなどの高速ストレージ接続、ネットワークやディスプレイ、そして電源供給までもがUSBケーブルで接続するだけで実現します。

※ディスプレイ、ネットワーク、オーディオ機器などの接続には、パソコン本体側や各接続機器側がすべて
USB3.1規格に対応している必要があります。

USB1本で様々な機器を接続

従来のUSB機器も使える

USB3.1は、従来の規格(3.0/2.0/1.1)との互換性が維持されているので、従来の機器を混在させて使うことができます。
ただしデータ転送速度は規格に応じて変動します。例えばUSB3.1搭載パソコンにUSB3.0の周辺機器を接続すると、USB3.0の速度で動作します。

USB3.1と3.0の互換性

USB 3.1 Gen1/Gen2とは

USB 3.1には、「Gen 1(最大5Gbps)」と「Gen 2(最大10Gbps)」の2種類のタイプがあります。
USB 3.1 Gen1は、USB 3.1規格で最初に開発された製品仕様で、従来規格(USB3.0/2.0/1.1)より電源供給能力が向上し、USBだけですべての機器を接続できる、というUSB3.1の特長に対応しています。ただ、データ転送速度の向上には対応しておらず、速度はUSB 3.0と同じ5Gbpsです。
2015年3月にApple社から発売された新しいMacBookは、USB 3.1 Gen1対応のUSB Type-Cポートを採用しているため、1本のUSBケーブルだけで様々な周辺機器の充電(※)・映像出力(※)などが可能になりました。

(※)各機器がUSB3.1に対応している必要があります。

USB 3.1 Gen2は、データ転送速度の向上に対応した仕様で10Gbpsもの速度を誇ります。電源供給能力の向上・USBだけですべての機器を接続可能というGen1の特長にも対応しています。2015年以降、USB 3.1 GEN2対応製品が順次発売される予定です。

USB Type-Cとは?

ページの最初へ戻る
閲覧履歴を見る

ページトップへ