メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慰安婦追悼公園、ソウルで起工式

追悼公園起工式であいさつする元慰安婦の金福童さん=ソウル市の南山公園内で2016年6月29日午前10時37分、大貫智子撮影

 【ソウル大貫智子】従軍慰安婦を追悼する公園「慰安婦記憶の場」を作ろうと、民間団体などが29日、ソウル市の南山公園内で起工式をした。元慰安婦に関する教育を重視するソウル市の協力を得て、日本の植民地支配からの解放日である8月15日の完成を目指す。

     現場は、1910年に日韓併合条約が締結された旧韓国統監官邸跡。「国が奪われた悲しい歴史がある場所」としてソウル市が土地を提供した。

     広さは約1200平方メートルで、ソウル市内を見下ろす南山中腹に位置する。韓国政府登録の元慰安婦238人の名前や証言、元慰安婦が連行されていく絵などが描かれた壁画などが設置される予定だ。

     昨年11月、元慰安婦支援団体の「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)」や文化人らが公園造成に向けて募金を始めた。約1万9000人から約3億4000万ウォン(約3000万円)が集まったという。

     起工式で、元慰安婦の金福童(キム・ボクトン)さんは「日本政府が謝罪し被害者の名誉を回復するまで罪を許すことはできない」とあいさつ。昨年12月の慰安婦問題に関する日韓合意に基づき、日本政府が10億円を拠出する財団からの支援について「金は受け取らない」と述べた。

     韓国の日韓関係専門家らは、ソウルの日本大使館前の慰安婦を象徴する少女像の移転先候補地として、同公園を挙げている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 名誉毀損訴訟 週刊文春の原監督報道、2審も巨人敗訴
    2. 英EU離脱 公約「うそ」認める幹部 「投票後悔」の声も
    3. 都知事選 小池氏出馬、自民動揺…与野党混迷「顔」選び
    4. 英国ショック EU離脱を読む/5 格差是正怠った結果=前ローマ支局長・藤原章生
    5. 御伽ねこむ 「ああっ女神さまっ」の藤島康介と31歳差婚 妊娠も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]