放送開始から19年目に突入したフジテレビ『とくダネ!』のメイン司会を務める、おなじみの小倉智昭さん。「吃音症」に悩んだ過去、売れなかった極貧時代、がん闘病……困難を“強さ”と“やさしさ”に変換してきた小倉さんの知られざる素顔に迫る──。

 フジテレビの情報番組『情報プレゼンター とくダネ!』は、今年4月で19年目に突入した。その司会を務めるのは、ご存じフリーアナウンサーの小倉智昭さん(69)。

『とくダネ!』は昨年7月28日、それまで同じフジテレビの『小川宏ショー』が持っていた同一司会者による全国ネットの情報番組の最多放送回数を超え、新記録(4452回)を達成した。小倉さんが語る。

「フジテレビの入社試験で『小川宏ショー』みたいなのをやりたいと言ったら、落とされたんです。それなのに小川宏さんの番組を超えられたというのはうれしいことですよね。フジテレビはそのとき僕を採用していたら、今ごろ高いギャラを払わなくてすんだのに(笑)」

撮影/坂本利幸

 小倉さんは『とくダネ!』の中で、オリンピックやサッカーのワールドカップなどのスポーツや音楽、エンタメに関する話題を取り上げ、それまでのワイドショーとは異なる新しい情報番組をつくった。

 冒頭のロングトークやユニークな視点によるトピック紹介など独自のスタイルを貫き、民放同時間帯視聴率で3年連続首位をキープしている。

 現在は『直撃LIVE グッディ!』のフィールドキャスターで、『とくダネ!』開始から12年間、現場レポートを担当した大村正樹さん(49)は、小倉さんのオンエア以外の様子をこう話す。

「いつも背中を丸めて、スーッと空気のようにスタジオに入ってくるんですよ。スタッフに対して、よし行くぞ! みたいな派手なテンションではないんですね。シャイな人で、目立とうとしないし、オンエアでメッセージを送ればいいという感じなんで。

 でも視聴率がよかったら、スタッフを温泉旅行に連れて行ってくれるんです。あんなことやっているのは小倉さんしかいないと思いますよ。旅館では仲居さんの代表に個々の部屋の分まで心づけを渡してましたね。人に対するお金の使い方がすごいんです」

 大村さんが昨年7月の最多放送回数記録が出た日のエピソードを話してくれた。

「あの日は局内でパーティーがあったり、お祝いムード一色でした。そんな大事な日だったのに、僕の出演している『グッディ!』が4時で終わるのを待っていてくれて、小倉さんが年間ボックスシートを持っている西武球場へ日本ハム戦を見に行ったんです。小倉さんの好物のフライドチキンを1人6、7本ずつ食べながらお祝いしました(笑)」

 西武ライオンズの快勝で、小倉さんもご機嫌だったという。ただ、小倉さんが高校時代から応援してきた日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手が久々に先発登板したが、5失点した後、4回で途中降板するというひと幕があった。

「小倉さんが“佑樹を送ろう”って言いだして。その日は朝から大変な1日でしたし、僕ともしゃべりっぱなしでそうとう疲れていたと思うんですが。

 斎藤選手は打たれちゃったんで、球団のバスにも乗らず、みんなが帰った後、いちばん最後に出てきました。“佑樹、お疲れ!”と、小倉さんが出迎えると、斎藤選手も涙ぐんでいましたね。肩を抱いて“大変だけどさ、今が踏んばりどきだから。頑張れよ、応援してるから”と。そういう温かい人なんです。僕もことあるごとに親身になって話を聞いていただいて、救われています」

★  ★  ★

 小倉さんはいつも『とくダネ!』終了後、フジテレビの18階にある書店で本を選び、その横にあるレストランで読書をする。その後はデパートやCDショップで買い物をしたり、美術展やコンサートに足を運んだりするそうだ。

 毎日、本を3冊読み、CDを3枚聴いて、映画を1本見ることを心がけているという。

「若いころ、先輩アナウンサーが“引き出しをいっぱい持って、その中に薄くてもいいから資料がたくさん入っているとアナウンサーとして役立つよ”と教えてくれたんです。それならできるだけ詳しい資料が入っていたほうがいいなと思って、いろいろなことに目を向けるようになりました」

 平均睡眠時間は3時間で、サッカーのワールドカップや野球のWBCをテレビ観戦するときは、1時間しか眠らないこともあるそう。

 芸能活動だけでなく、国内外で飲食店を経営するなど実業家の顔も持ち、ゴルフ、オーディオビジュアル、カメラ、クレー射撃などを極める趣味人としても知られる。

 小倉さんとはゴルフレッスンで知り合ったという20年来の親友、寛受院の住職・中村宣樹さん(61)は、普段の小倉さんについてこう話す。

「ゴルフ場を歩いていても、草木や鳥を観察したりして、全身受動態になって研鑽してるという感じなんです。ありとあらゆるものに造詣が深いですし、こんなに勉強していれば、そりゃあ寝る時間ないわなと(笑)。ゴルフをして食事してるとコテッと寝ちゃうときもありますよ」

 誰もが知ってる朝の顔の、知られていない意外な素顔。それをかたちづくったものを少年時代からたどる。