春季休校にあたっての注意喚起

2017/1/27

塾生諸君

学生総合センター

 春季の休校期間を迎え、塾生諸君にあっては「追い出しコンパ」や「謝恩会」など、さまざまな行事を予定していることでしょう。なかには、合宿やウィンタースポーツに出かける諸君もいることと思います。有意義な期間となることを期待する一方、度を越した飲酒や、危険な行為、周囲に迷惑をかける不適切な行動は厳に慎むよう求めます。
 特に注意すべき項目を以下に記しますので、必ず確認し、適切に対処してください。各自が慶應義塾の一員としての自覚を持ち、責任ある行動に努めることを切に願います。


■危険な飲酒行為の禁止
 大学からの再三にわたる注意喚起、指導、警告にもかかわらず、塾生による危険な飲酒行為はなくなっていません。以下のサイトをしっかりと確認し、飲酒に対する正しい認識を身につけるよう強く求めます。
www.gakuji.keio.ac.jp/life/dantai/inshujikotaisaku.html

 次の各点には特に留意してください。これらの危険な行為について、慶應義塾は厳正に対処します。

  • 「未成年者の飲酒」は、量の多寡を問わず、法律で禁止されています。これは、成長途上の未成年者の心身への影響を考慮してのものです。「飲まない」、「飲ませない」を徹底してください。
  • 成人でも過度の飲酒、イッキ飲みは大変危険です。これらの行為は厳に慎んでください。
  • 本人の意に沿わない飲酒の強制、勧奨(いわゆるコール、煽りの有無は問わない)は絶対に行わないでください。

■海外渡航の注意
 渡航の計画や、実際の渡航に際しては、「外務省 海外安全ホームページ」等を参照し、現地最新情報の収集に努めてください。紛争地はもちろん、政情が不安定な地域や、感染症が広がっている地域、「危険情報」が出されている地域への渡航は控えてください。
 ○外務省 海外安全ホームページ
   
www.anzen.mofa.go.jp/

 たとえ「危険情報」
が出ていないからといって、当地が「安全」であるわけではありません。盗難、傷害事件、性犯罪などに巻き込まれないよう、常に警戒が必要です。野宿、夜間や治安の悪い場所での単独行動など、自ら危険を招く行動は厳に慎んでください。また、宿泊先、乗り合いバスやタクシーなどの車内で犯罪被害に遭うケースも少なくありませんので、慎重に判断してください。
 なお、渡航前には必ず、【現地での連絡先(携帯電話・立ち寄り先など)/旅程/宿泊先/搭乗便】などの情報を家族などに身近な人に伝えてください。加えて、外務省の「渡航登録サービス」への登録を行ってください。
  ○外務省 渡航登録サービス
    
www.ezairyu.mofa.go.jp/

■ウィンタースポーツの注意

 このところスキーヤー、スノーボーダーによるコース外滑走中の事故が相次いでいます。ゲレンデのコース外は未整備の地帯であり、岩場や樹木への衝突、滑落、雪崩、遭難などの危険性が格段に高まります。塾生諸君は絶対にこれを行わないでください。身勝手な行動が、救助・捜索に当たる方々にも危険をもたらします。

■山岳事故、水難事故の防止

 登山や水辺に出かける際は、特に下記の点に留意してください。
  • 海や川、山で活動する際は体調を整え、決して無理をしないでください。
  • 最新の気象情報をチェックし、急な天候変化には充分注意してください。
  • 山行の際は綿密な計画立案と、所定の届け出を必ず行ってください。

■交通事故の防止
 運転中・歩行中を問わず、交通法規を遵守し、事故を起こさず、また巻き込まれないように充分注意してください。

■薬物乱用の禁止

 危険ドラッグ(脱法ドラッグ、合法ハーブ)、覚せい剤、大麻、麻薬などの薬物の使用・所持は、厳しく罰せられる違法行為です。「軽い気持ちでやってしまった」、「すぐにやめられると思った」といった言い訳は通用しません。生命と心身を脅かす薬物には、絶対に近づかないでください。

 上記のことに限らず、何か困ったことがあれば、在籍するキャンパスの学生生活支援担当や学生相談室へ相談してください。特段の断りがない限り、休校期間中も事務室は開室しています(土日祝を除く)。

各種相談
www.gakuji.keio.ac.jp/life/sodan.html
学生相談室
www.gakuji.keio.ac.jp/life/gakuseisodan2.html
問い合わせ先
www.gakuji.keio.ac.jp/infomation.html

以上