現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

今回の津波、貞観地震超える より内陸まで到達 東北大

2011年4月13日22時21分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 東日本大震災の大津波が、1千人以上が犠牲になった869年の「貞観(じょうがん)地震の大津波」よりも、仙台市などで大規模だったことが、東北大災害制御研究センターの菅原大助さんや今村文彦教授らの研究でわかった。13日に同市内で開かれた報告会で発表した。

 菅原さんらは、仙台市若林区で今回の津波が海岸から約5キロまで押し寄せたことを確認。当時の海岸線から3.4キロまでだった貞観の津波よりも内陸に達していた。

 また、津波の痕跡などから貞観地震の規模をM8.3〜8.4として津波の高さをコンピューターを使って計算。今回と比較した。

 その結果、貞観の津波は、当時の海岸線で高さ約7メートルだったとみられるのに対して、今回は約10メートル。約3キロ内陸部では、貞観の津波が約2.5メートル、今回は約2.8メートルだった。

 菅原さんは「貞観津波よりも陸地の広い面積が浸水しており、いかに規模が大きいかわかる」と話している。(松尾一郎)

検索フォーム

おすすめリンク

原発事故直後、自衛隊にある、表に出ない部隊に東電社員救出の命が下った。秘匿の作戦だった。

大都市湾岸部に集中する石油コンビナートやガス基地の耐震化策はどうなっているのか。

箱根山の群発地震は富士山噴火の予兆?過去2千年間の資料などから被害予測図を示す。

人命優先で後回しにされた動物たちの「いのちの記録」は重い教訓を残している。

謎の死を遂げた動燃幹部が遺した大量の機密ファイルから、日本の原子力行政の「闇」を暴く。

魚の放射能汚染を調べたいのに、船も検出器も技術もない――海に生きる人々の苦悩を追う。

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧