ネットで資金募りグッズ販売 「そらゆめ」破産

ネットで資金募りグッズ販売 「そらゆめ」破産
インターネットを通じて購入希望者から資金を募り、ゲームやアニメの関連製品を販売していた「そらゆめ」は、経営に行き詰まり、今月2日、裁判所に破産を申請して、破産手続きの開始決定を受けました。負債はおよそ2億5000万円、債権者は3000人余りに上り、一部は返金できないおそれがあるということです。
破産手続きの開始決定を受けたのは、東京・港区に本社を置くキャラクターグッズの販売会社、「そらゆめ」です。
「そらゆめ」は、平成17年の設立当初は、携帯電話向けのゲームの開発を行っていましたが、その後、ゲームやアニメなどのキャラクターグッズの販売に乗り出しました。

この販売事業は、グッズのアイデアをホームページで紹介し、購入を希望する人から資金を募って、目標額に到達すれば、実際に商品を販売するのが特徴です。

管財人の弁護士によりますと、「そらゆめ」は、急激に事業を拡大した影響で経営に行き詰まり、今月2日、東京地方裁判所に破産を申請し、破産手続きの開始決定を受けたということです。
負債はおよそ2億5000万円、債権者は3000人余りに上るということです。

会社側は、「破産を申請する直前の申し込みについては、できるだけ取り消しの処理を行ったが、これまでに募った資金の少なくとも一部は返金できないおそれがある」と話しているということです。