phpプログラマとなることの面白さは、何よりも習得の容易さと作ったプログラムの体験のしやすさです。Webプログラミングが行える言語として、JavaやRubyなど様々なものがありますが、プログラミングの未経験者が学ぶことができて、そのレスポンスの良さからモチベーションを高めやすいのがphpの特徴です。

比較的簡易なコードを記述するだけでWebページに機能を持たせることが容易であり、コンパイルやデバッグに大きな時間をかけることなく、変更内容をWebページ上で確認することができます。行った作業による変化をすぐに見て取ることができるというのが、未経験者にとっては張り合いがあり、プログラミングを面白いと感じさせる要素になります。

また、インターネット上を始めとして様々な場所からサンプルコードを手に入れることが容易であるため、実際に色々なWebサイトで利用されているプログラムを元にして改変することにより、プログラミングの自主トレーニングを積むことも容易です。
そういった面があることから、未経験者にとって習得がしやすいという特徴があります。

一方で、その習得だけでもWebプログラマとして働ける先が多く、Web業界への転職を考えている場合にも有力なスキルとなります。
学びやすさや転職での有用さ等を総合的に見て、Webプログラマを目指す上で有用性が高く求人も豊富な言語であるのがphpであり、Webプログラミングの入り口として適切なものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です