結婚していない場合、誰が相続人になるの?

生涯独身で、子供もいない方の相続では、誰がその財産を受け継ぐのでしょうか。民法ではその法定相続人を以下のように規定しています。

ご両親がいらっしゃる場合 

まず、親が存命の場合は、親がすべての財産を相続します。親がすでに死亡していても、祖父母などの直系尊属に存命の方がいる時は、その方が財産を受け継ぎます。

 

直系尊属が1人もいない場合

次に、存命している直系尊属が1人もいない場合には、兄弟姉妹に相続権が発生します。兄弟姉妹の中に既に死亡している方がいるときには、その子(被相続人の甥・姪)に相続権は移ります。甥・姪が死亡していても、それより下の代には相続権は発生しません。

 

ご注意いただきたいこと

注意しなければならないのは、生涯独身であっても、必ずしも「子」がいないとは限らないということです。

婚姻関係にない男女間で子が生まれた場合でも、その子と親との間には相続関係が発生します(ただし、男性との親子関係は男性が子を認知する必要があります)。

血縁関係のある実子はいなくても、養子縁組をして養子をとっている場合には、その養子も実子と同様に法定相続人となります。養子がいる場合には、その養子がすべての遺産を相続しますので、親や兄弟姉妹に相続権は発生しません。

さらに、被相続人自らが養子となる縁組を組んでいることもあります。この方に「実子」も「養子」もいない場合は、前述したように「親」に相続権が発生するのですが、この時の「親」にあたる人は縁組方法によって異なります。

養子縁組

養子縁組の方法には「普通養子縁組」「特別養子縁組」があります。

 普通養子縁組の場合には、養親・実親どちらとも親族関係が生じた状態になりますので、養親・実親ともに法定相続人となり得ます。

 一方、特別養子縁組とは、実父母およびその血族との親族関係を終了させて、完全に養親の嫡出子として養親側との法律上の血縁関係を作る制度です。

そのため、実親・実子間の相続権は喪失し、養親・養子間にのみ相続権が発生します。よって、特別養子縁組を組んでいる場合には、「親」に該当するのは「養親」のみで、養親がすべての財産を相続することとなります。 

女性ならではの細かな気配りを持って対応させていただきます! 相続ワンコイン相談 地下鉄 表参道駅徒歩2分 お気軽にご相談ください!0120-440-728 平日 9:00?18:00 ※土曜日・日曜日・祝日は要相談 24時間受付中 お問い合わせ
ご好評いただいております! 相続ワンコイン相談 当事務所に寄せられた相談事例 詳しくはこちら

最 新 情 報

    • 2018年1月29日
    • 相続コラム
    • 相続税が非課税となる財産
    • 相続税においては、その財産の性格や政策的な配慮から非課税とされている財産があります。 その代表例としては、墓所、霊びょう、祭具やこれらに準ずるものがあります。 墓所、霊びょうには、墓地、墓石やおたまやなどが含まれ、さらに […]

    • 2018年1月22日
    • 相続コラム
    • 養子縁組と相続
    • 1月31日に、養子縁組が有効であるか否かが争われていた訴訟の最高裁判決がありました。 被相続人が生前に長男の子を養子にしたことにより、長男一家の相続分が増える結果となったことを不服とした他の相続人が、養子縁組は相続税の節 […]

    • 2018年1月15日
    • 相続コラム
    • 平成27年分の相続税
    • 昨年12月に、国税庁から全国の平成27年分の相続税の課税状況が発表されました。 それによりますと、相続税の申告割合(全死亡者数に対する相続税の申告書提出割合)は8.0%となり、前年の4.4%から大幅に増加しています。 そ […]

    • 2018年1月9日
    • 相続コラム
    • コラム担当者自己紹介!
    • 自己紹介 今年10月から、チェスナット税理士法人の顧問税理士となりました宇野憲之と申します。 この7月をもって、千葉南税務署長を最後に永年勤めた国税の職場を退官して、新たに税理士の登録をしたばかりです。 税務の職場では、 […]

将来、相続が心配な方

  • 生前贈与をお考えの方
  • 遺言作成をお考えの方
  • 生前対策をお考えの方
  • 事業継承をお考えの方

将来の相続が心配な方

  • 相続手続きをお考えの方
  • 相続税申告をお考えの方
  • 不動産の名義変更をお考えの方
  • 相続放棄をお考えの方
PAGE TOP