コラム担当者自己紹介!

自己紹介

今年10月から、チェスナット税理士法人の顧問税理士となりました宇野憲之と申します。

この7月をもって、千葉南税務署長を最後に永年勤めた国税の職場を退官して、新たに税理士の登録をしたばかりです。

税務の職場では、専ら相続税や贈与税など、資産課税の仕事を行ってきました。

また、国税局で税務訴訟の仕事をしたり、旧大蔵省主税局で立法の仕事にも携わるなど、いろいろ貴重な経験をさせていただきました。現状、社外税理士の立場ではありますが、これまでの経験を生かして、少しでも皆様のお役に立ちたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

空気が乾燥する時期となり、お肌のカサつきが気になる季節になってきましたね。乾癬症(かんせんしょう)気味のため、この時期は、保湿クリームが欠かせません。

 

美顔器は医療費控除に含まれる?!

ところで、ひと昔前のヒット商品として、美顔器というのがありました。洗面器のお化けのようなところに顔を入れる、アレですね。

それだけで顔の形状が変わるとは思えませんので(変わったら怖い)、恐らくお肌を美しくするものだろうと思いますが、効果のほどはどうなのでしょうか。

この美顔器なるものが登場したときに、果たして購入代金が医療費控除の対象になるかが興味あるところでしたが、結論としては、主として美容を目的とするものであって、×ということでした。

医療費控除とは??

やや強引ですが、ついでなので、医療費控除の話をしてみたいと思います。

既にご承知の方も多いと思いますが、医療費控除は、1年間に支払った医療費の額が、所得金額の5%か10万円のいずれか少ない金額を超えた場合に、その超える金額を所得から差し引くというものです(最高200万円が限度です)。

なお、医療費控除は、可処分所得の減少に対する配慮ですから、保険金などで補てんされる金額は除く必要があります。

 

医療費控除の対象となるもの

対象となる医療費の範囲として一般的なのは、病院での診療代や医師が処方した薬代ですが、忘れてならないのは、風邪薬や胃腸薬など市販の医薬品です。

ただし、ビタミン剤などのサプリメントは対象外となりますので、要注意です。また、冒頭の通り、美容のためや健康維持、病気予防のための出費は対象となりません。

空気が乾燥してくると、インフルエンザが流行します。これは、空気が乾燥すると、ウィルスが飛散しやすくなるためですが、インフルエンザ予防接種の料金は、医療費控除の対象外です。

変わり種の医療費では、温泉利用型健康増進施設の利用料というのがあります。

いわば湯治ですね。医師の指導と証明があれば、1週間以上続けて行う湯治費用が対象となります。ただ、対象となる施設は限られており、現在は厚生労働省が認定した全国21の施設だけとなっています(ただし、宿泊施設がないところもあります。インターネットで確認してみてください。温泉利用型健康増進施設連絡会ホームページhttp://www.jph-ri.or.jp/onsen-nintei)。

今年も残りわずかとなり、年が明けると、いよいよ所得税の還付申告の受付が始まります。そろそろ医療費控除が受けられるかどうか、準備を始めてみてはいかがでしょうか。

女性ならではの細かな気配りを持って対応させていただきます! 相続ワンコイン相談 地下鉄 表参道駅徒歩2分 お気軽にご相談ください!0120-440-728 平日 9:00?18:00 ※土曜日・日曜日・祝日は要相談 24時間受付中 お問い合わせ
ご好評いただいております! 相続ワンコイン相談 当事務所に寄せられた相談事例 詳しくはこちら

最 新 情 報

    • 2018年1月29日
    • 相続コラム
    • 相続税が非課税となる財産
    • 相続税においては、その財産の性格や政策的な配慮から非課税とされている財産があります。 その代表例としては、墓所、霊びょう、祭具やこれらに準ずるものがあります。 墓所、霊びょうには、墓地、墓石やおたまやなどが含まれ、さらに […]

    • 2018年1月22日
    • 相続コラム
    • 養子縁組と相続
    • 1月31日に、養子縁組が有効であるか否かが争われていた訴訟の最高裁判決がありました。 被相続人が生前に長男の子を養子にしたことにより、長男一家の相続分が増える結果となったことを不服とした他の相続人が、養子縁組は相続税の節 […]

    • 2018年1月15日
    • 相続コラム
    • 平成27年分の相続税
    • 昨年12月に、国税庁から全国の平成27年分の相続税の課税状況が発表されました。 それによりますと、相続税の申告割合(全死亡者数に対する相続税の申告書提出割合)は8.0%となり、前年の4.4%から大幅に増加しています。 そ […]

    • 2018年1月9日
    • 相続コラム
    • コラム担当者自己紹介!
    • 自己紹介 今年10月から、チェスナット税理士法人の顧問税理士となりました宇野憲之と申します。 この7月をもって、千葉南税務署長を最後に永年勤めた国税の職場を退官して、新たに税理士の登録をしたばかりです。 税務の職場では、 […]

将来、相続が心配な方

  • 生前贈与をお考えの方
  • 遺言作成をお考えの方
  • 生前対策をお考えの方
  • 事業継承をお考えの方

将来の相続が心配な方

  • 相続手続きをお考えの方
  • 相続税申告をお考えの方
  • 不動産の名義変更をお考えの方
  • 相続放棄をお考えの方
PAGE TOP