各種の名義変更

bb6424ce7a3f288ed20b37ba35001bf5_s

遺産分割協議が確定すると、次に必要なのが相続財産(不動産や預貯金、動産等)の名義変更ですが、期限が定められていないため、うっかり忘れないようにしましょう。

特に注意が必要なのが不動産の名義変更です。

不動産を分割せずに親からそのまま引き継ぐ場合には名義変更しなくても保有し続けることが可能ですが、名義変更しないうちに相続人に万が一のことがあった場合は、法定相続人が増え、財産の売却や分割を余儀なくされることも多くみられます。
後々のトラブルを避けるためにも、必ず行っておく方がよいです。

代表的なものは以下の通りです。

・不動産の名義変更
・相続不動産の売却
・生命保険金の受け取り
・預貯金の名義変更

 

isan_souzoku不動産の名義変更

相続登記と言い、被相続人名義の不動産登記簿を相続人名義に変える手続きです。
不動産名義を変更しないと、後々トラブルになることがありますので、できるだけ速やかに行ってください。

不動産の名義変更の手続きの流れ

おおよそ、以下の手順で行います。

(1)遺産分割協議の終了
(2)登記に必要な書類の収集
(3)登記申請書の作成
(4)法務局への登記の申請

 

相続不動産の売却について

相続に関する不動産のご相談で最も多いのが、相続した土地・建物を実際には使わないので売却したいというものです。その場合、相続した土地・建物を名義変更しないと、そのまま売却することはできません。

また、不動産を売却するにあたり、税金を減らせる場合もありますので、より良い売却の方法、より良いタイミング、より良い特例の使い方など、ある程度専門家に相談した上で、実際の売却に進みましょう。

 

生命保険金の受け取り

生命保険金については、その受取人がどのように指定されているのかで分けて考える必要があります。
以下のケースを参考にしてください。

ケース(1)特定の者が保険金の受取人として指定されているケース

保険金は自分の権利として取得するので相続財産には含まれません。

ケース(2)保険金の受取人が「相続人」と指定されているケース

このケースも被相続人が亡くなられた時点の相続人を指定しているのであって、その相続人は相続によってではなく、保険契約によって保険金を受け取ることになります。
従って、このケースでも、原則、生命保険金は相続財産には含まれません。

ケース(3)保険金の受取人が亡くなられた方自身とされているケース

このケースでは保険金は相続財産となります。

 

以上のとおり、被相続人が生命保険に加入していた場合は「死亡保険金の受取人に指定されている者」が保険会社に保険金を請求することとなります。
また、生命保険の受取人が指定されている死亡保険金は相続財産には含まれませんので、原則として、全額が受取人の財産となります。

生命保険金を請求する際に必要な書類

生命保険金を請求する際に必要な書類は、

・保険金請求書(保険会社所定の物)
・保険証券・死亡診断書(死体検案書)
・被相続人の住民票及び戸籍謄本
・保険金受取人の印鑑証明書
・災害事故証明書、交通事故証明書(死亡原因が災害・事故による場合)

です。その他、必要に応じて準備をすべき資料等のアドバイスもさせていただきますのでご安心ください。

 

預貯金の名義変更

被相続人の名義である預貯金は、遺産分割協議がまとまっていない時点で、相続人が預金を勝手に引き出すことが禁止されています。
いわゆる、預金の凍結というものです。

この凍結された預貯金の払い戻しをするためには、遺産分割協議書を作成する必要があります。
そして、分割協議の後、以下の書類を金融機関に提出することになります。

・金融機関所定の払い戻し請求書
・相続人全員の印鑑証明書
・被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
・各相続人の現在の戸籍謄本
・被相続人の預金通帳と届出印
・遺産分割協議書(相続人全員が実印で押印)

なお、金融機関によっては用意する書類が異なる場合もありますので、直接、問い合わせをされる方がよいでしょう。

以上が主な手続きの方法ですが、これらの名義変更は煩雑な手続きですので、間違いのないよう一度専門家に相談することを推奨します。

女性ならではの細かな気配りを持って対応させていただきます! 相続ワンコイン相談 地下鉄 表参道駅徒歩2分 お気軽にご相談ください!0120-440-728 平日 9:00?18:00 ※土曜日・日曜日・祝日は要相談 24時間受付中 お問い合わせ
ご好評いただいております! 相続ワンコイン相談 当事務所に寄せられた相談事例 詳しくはこちら

最 新 情 報

    • 2018年1月29日
    • 相続コラム
    • 相続税が非課税となる財産
    • 相続税においては、その財産の性格や政策的な配慮から非課税とされている財産があります。 その代表例としては、墓所、霊びょう、祭具やこれらに準ずるものがあります。 墓所、霊びょうには、墓地、墓石やおたまやなどが含まれ、さらに […]

    • 2018年1月22日
    • 相続コラム
    • 養子縁組と相続
    • 1月31日に、養子縁組が有効であるか否かが争われていた訴訟の最高裁判決がありました。 被相続人が生前に長男の子を養子にしたことにより、長男一家の相続分が増える結果となったことを不服とした他の相続人が、養子縁組は相続税の節 […]

    • 2018年1月15日
    • 相続コラム
    • 平成27年分の相続税
    • 昨年12月に、国税庁から全国の平成27年分の相続税の課税状況が発表されました。 それによりますと、相続税の申告割合(全死亡者数に対する相続税の申告書提出割合)は8.0%となり、前年の4.4%から大幅に増加しています。 そ […]

    • 2018年1月9日
    • 相続コラム
    • コラム担当者自己紹介!
    • 自己紹介 今年10月から、チェスナット税理士法人の顧問税理士となりました宇野憲之と申します。 この7月をもって、千葉南税務署長を最後に永年勤めた国税の職場を退官して、新たに税理士の登録をしたばかりです。 税務の職場では、 […]

将来、相続が心配な方

  • 生前贈与をお考えの方
  • 遺言作成をお考えの方
  • 生前対策をお考えの方
  • 事業継承をお考えの方

将来の相続が心配な方

  • 相続手続きをお考えの方
  • 相続税申告をお考えの方
  • 不動産の名義変更をお考えの方
  • 相続放棄をお考えの方
PAGE TOP