贈与税

贈与税とは?

贈与税とは、個人から現金や不動産など価値のあるものを貰った時にかかる税金です。また、実際の価値よりも著しく低額で財産を譲り受けたり、債務を免除して貰った時にも贈与税はかかります。

贈与税の課税対象となるものは?

個人から年間110万円を超える財産をもらったときには贈与税がかかります。
年間110万円までは基礎控除額として税金はかかりません。
ただし、毎年110万円ずつ譲渡し続ける行為は、相続税を回避している行動とみなされ、税金を課されるケースもあります。

また、贈与税は贈与によって譲り受けた全ての財産にかかります。
ここでいう財産には、現金、預貯金、有価証券、土地、家屋、借地権、貸付金、営業権、各種会員権など金銭に見積もることが出来る経済的価値のあるもの全てが含まれます。

中には贈与でも非課税とされるものがあります。
例えば、扶養義務者から貰う生活費や教育費、その他香典、歳暮、お見舞い等社会通念上相当と認められるものは贈与税がかかりません。

贈与税の計算方法

贈与税は1年間(1月1日から12月31日まで)にもらった財産の価額の合計額から基礎控除額110万円を引き、その残額に贈与税の税率を掛け、更に控除額を差し引いた額が納税額です。

式に表すと以下のようになります。

贈与税額=(贈与財産の合計額-110万円)×税率-控除額

例えば、父より不動産(評価額600万円)、義母より現金200万円を貰った場合
(600万円+200万円-110万円)×40%-125万円=151万円(贈与税額)

151万円が贈与税として納付義務のある税額になります。

※相続時精算課税制度を選択された場合は、贈与税が課税されないこともあります。
>> 詳しくはこちらから

贈与税の速算表

以下に贈与税の税額の目安がわかる速算表を掲載しますので、ご参考下さい。

税額の求め方=基礎控除後の課税価格×税率-控除額
基礎控除後の課税価格 税率 控除額
200万円以下 10%
300万円以下 15% 10万円
400万円以下 20% 25万円
600万円以下 30% 65万円
1,000万円以下 40% 125万円
1,000万円超 50% 225万円

※贈与税は相続税に比べて課税額が高くなる傾向にあります。
『贈与と相続どちらが得か?』 >> 詳しくはこちらから

相続税として納税した方が良いか?贈与をした方が良いのかは、難しい判断となります。
贈与税、生前贈与のことで分からないことがございましたら、お気軽にご相談下さい。


女性ならではの細かな気配りを持って対応させていただきます! 相続ワンコイン相談 地下鉄 表参道駅徒歩2分 お気軽にご相談ください!0120-440-728 平日 9:00?18:00 ※土曜日・日曜日・祝日は要相談 24時間受付中 お問い合わせ
ご好評いただいております! 相続ワンコイン相談 当事務所に寄せられた相談事例 詳しくはこちら

最 新 情 報

    • 2018年1月29日
    • 相続コラム
    • 相続税が非課税となる財産
    • 相続税においては、その財産の性格や政策的な配慮から非課税とされている財産があります。 その代表例としては、墓所、霊びょう、祭具やこれらに準ずるものがあります。 墓所、霊びょうには、墓地、墓石やおたまやなどが含まれ、さらに […]

    • 2018年1月22日
    • 相続コラム
    • 養子縁組と相続
    • 1月31日に、養子縁組が有効であるか否かが争われていた訴訟の最高裁判決がありました。 被相続人が生前に長男の子を養子にしたことにより、長男一家の相続分が増える結果となったことを不服とした他の相続人が、養子縁組は相続税の節 […]

    • 2018年1月15日
    • 相続コラム
    • 平成27年分の相続税
    • 昨年12月に、国税庁から全国の平成27年分の相続税の課税状況が発表されました。 それによりますと、相続税の申告割合(全死亡者数に対する相続税の申告書提出割合)は8.0%となり、前年の4.4%から大幅に増加しています。 そ […]

    • 2018年1月9日
    • 相続コラム
    • コラム担当者自己紹介!
    • 自己紹介 今年10月から、チェスナット税理士法人の顧問税理士となりました宇野憲之と申します。 この7月をもって、千葉南税務署長を最後に永年勤めた国税の職場を退官して、新たに税理士の登録をしたばかりです。 税務の職場では、 […]

将来、相続が心配な方

  • 生前贈与をお考えの方
  • 遺言作成をお考えの方
  • 生前対策をお考えの方
  • 事業継承をお考えの方

将来の相続が心配な方

  • 相続手続きをお考えの方
  • 相続税申告をお考えの方
  • 不動産の名義変更をお考えの方
  • 相続放棄をお考えの方
PAGE TOP