出水川 でみずがわ
Demizu-gawa River
最終更新 04.5.6

都営小平霊園内の西端から始まり、黒目川と平行に流れる黒目川の支流である。黒目川の上流部には自然が残っているのに対し、こちらは典型的な都市河川と化している。
取扱区間:全区間 掲載順:上流→下流

※写真はクリックすれば拡大。



地点、新青梅街道沿い、小平霊園の北西の角から。道路下から突然のように近代的なコンクリート護岸の川が姿を現す。以前は下水が大量に流れ込んでおり白く濁った悪臭を放つ水がかなりの勢いで流れていたが、最近は流量も減り、下水道が徐々に普及しつつあるようだ。きれいになるのはありがたいことだが、枯渇化という別の問題もある。
以前はこの上流もあったらしく、小平霊園の西端に沿って窪んだ部分が萩山駅の方へと続いているが水路は全く見当たらない。右は100mほど下流から。しっかりした石垣の川になる。(99.5.1)
地点、都道東村山久留米線から上流側。目の前の欄干のない橋が都会では珍しい。(99.5.1)

地点、東村山運動公園の近くから下流側。両側に道路のあり本格的な川の雰囲気がある。水質は最悪で、かなり濁った水である。(99.5.1)

地点、東久留米卸売市場前から下流側。市場の真下を流れる。(99.5.1)

地点、新宮橋から上流側。コンクリート蓋水路タイプになる。(99.5.1)

地点、所沢街道から上流側。この付近はコンクリート蓋が掛かり遊歩道となっており河口まで続いている。(99.5.1)

地点、下里団地前。コンクリート蓋水路としてはかなり規模の大きな方だ。勾配も結構急で蓋の下では勢いよく流れていそうな感じである。(99.5.1)

地点、新小金井街道の平成橋から。下里団地を抜けて向きを南へ変えると、間もなく黒目川との合流である。右は黒目川上流方を撮影したところ。出水川が合流すると流域もぐっと広がり、出水川からの水量がかなり多いことを示す。(99.5.1)

※黒目川はこちら

1/1 戻る