九十川 くじゅうがわ
Kujyu-gawa River
最終更新 07.7.15


新河岸川の支流の一級河川である。現在の新河岸川――旧赤間川との分岐点〜仙波河岸付近――が作られる前はこちらが主な流路であった。昔の新河岸川は99か所のカーブがあり、新河岸川そのものが九十川と呼ばれていたそうだが*1、現在は伊佐沼からの支流のみにその名が残る。
取扱区間:全区間 掲載順:上流 → 下流
※写真はクリックすれば拡大。

*1 「川越原人のホームページ(川越雑記帳) - 川越の川と沼」(http://www.alpha-net.ne.jp/users2/kwg1840/
kawa.html) などによる。

現在の管理上の起点は伊佐沼らしいが、地形図にはそれより上流にも九十川と示されている。地点、九十川は田圃の排水から始まっている。正面の田圃で使われた水が側溝から流れ落ちている。(07.5.3)
地点、この辺りはいくつかの水路が並んで流れており、橋が3つ連なる珍しい様子が見られる。(07.5.3)
地点、県道川越上尾線から下流側。橋には鴨田排水という表記がある。(07.5.3)
地点、伊佐沼の手前。並行して流れてきた2つの水路と交差する。カッパの絵の描かれた青い箱はゴミ拾い機のようだが、その向こうで2つの用水路の下を潜り、その直後に旧赤間川と合流する。(07.6.16)
地点、2つの用水路を越えた反対側。旧赤間川が合流する。良き釣り場らしくテントがたくさん並んでいる。(06.5.6)

※赤間川はこちら
地点、2つの用水路側から立体交差部を見る。正面の水路は伊佐沼大用水路、左手の水路は名称不明。九十川はカッパの絵が描かれた青い箱〜テントが並んでいる部分へと繋がっている。この後、九十川は伊佐沼には流入せずに沼の西側を流れている。(07.6.16)

伊佐沼は県下有数の天然沼で、その起源は不明だが、一説には入間川の旧流路ではないかと言われている*2。現在も灌漑に欠かせない重要な水源である。(07.6.16)

*2 現地の案内板による。
地点、伊佐沼の放流口。見えにくいが一級河川九十川起点の石碑が立っており、一級河川としての扱いはここから。(右) 間もなく上流部が合流してくる。春の撮影だが、まだ前年のススキが残っている。(06.5.6)

地点、国道16号線から上流側と下流側。写真にはないが、上流側には旧道の古い橋が残っている。満々と水をたたえているが、どんより濁っており水質は悪い。(06.5.6)

地点、田圃の中に旧流路が残っている。(07.6.30)

地点、上記の旧流路が合流する。(07.6.30)

地点、県道川越富士見線から上流側と下流側。将来の拡張に備えて川幅が広く取ってある。(右) 正面に堰が見えてきた。(06.5.6)


06.5.6

07.6.16
地点、大きな堰が設けられている。稲作時は閉じられている。(右) ここから下流も時期によりに水位が違う。この下流にも堰があるようだ。
地点、右岸に旧流路が残る。一部資料ではこれより下流を南田島用水と呼んでいるようだ*3。(07.6.16)

*3国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所 新河岸川流域川づくり連絡会制作の新河岸川パンフによる。

06.5.6

07.6.16
地点、南古谷駅近くから下流側。時期によりこんなに水位が違う。満水期に落ちたら大変だ。

06.5.6

06.5.6

07.6.16

07.6.16
地点、2つ目の堰、牛子堰がある。稲作期はここまで水が張られている。(下) 堰止められた水は右岸の旧流路へと流れている。旧牛子堰が残っており、今も灌漑用水として使われている。なお、一部資料ではここから下流は再び名前が変わり、牛子用水と呼んでいるようだ*4

*4国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所 新河岸川流域川づくり連絡会制作の新河岸川パンフによる。
地点、旧流路の上流側と下流側。(07.5.3)

地点、新河岸川旭橋前。旧流路の合流。(07.5.3)

地点、旧流路の流れは、現在はここから排水されているようだ。(07.7.7)

地点、新河岸川をしばらく上ったところ。。地点で分かれた旧流路はここへ繋がっているようだ。(07.4.29)


06.5.6

07.4.28
地点、河口付近。この辺りはしっかりした堤防を持つ川だ。通行禁止の古い石橋がいくつかあったが、撤去されてしまったようだ。(右) 河口。(05.5.4)

※新河岸川はこちら
以上。

1/1 戻る