アニメ会社放火 男が会社に一方的に恨み募らせた可能性も

アニメ会社放火 男が会社に一方的に恨み募らせた可能性も
京都市の「京都アニメーション」のスタジオが放火された事件で、19日夜、病院で治療を受けていた男性1人が死亡し、この事件で亡くなった方は34人になりました。火をつけた疑いがあるとして警察が名前を公表した青葉真司容疑者は取り押さえられた際、「小説を盗んだからやった。社長を呼べ」などと叫んでいたということで、警察は会社に対して一方的に恨みを募らせていた可能性もあるとみて調べています。
18日、京都市伏見区にある「京都アニメーション」のスタジオが放火された事件で、警察は19日夜、病院に搬送されて手当てを受けていた男性1人が死亡したと発表しました。

この事件で死亡した人は34人となり、34人が重軽傷を負いました。

警察は19日夕方に記者会見を開き、スタジオにガソリンとみられる液体をまいて火をつけた疑いがあるとして事件直後に身柄を確保した男を青葉真司容疑者(41)と公表しました。

警察は青葉容疑者が全身に重いやけどをしているため逮捕せず病院で治療を受けさせていますが「事案の重大性を考慮した」として、逮捕していない容疑者の名前を公表する異例の対応を取りました。

警察は放火や殺人などの疑いで捜査を進めていますが、警察への取材から、青葉容疑者が取り押さえられた際、「小説を盗んだからやった」などと叫んでいたことがわかりました。

また目撃者によりますと「作品をパクられた。社長を呼べ。社長に話がある」などと怒った様子で話していたいうことです。

警察によりますと、青葉容疑者は京都アニメーションで仕事をしたことはなく、小説を出版するなどした事実も確認されていないということです。

警察は会社に対して一方的に恨みを募らせていた可能性もあるとみて、調べています。

男性「男は社長を呼べと言っていた」

青葉容疑者が確保されたとき近くにいた56歳の男性は「やけどしていた男に水をかけて救助していた際、男は『殺す』、『パクりやがって』と叫んでいた。その後、駆けつけた警察官が『大丈夫か。立てるか』との声をかけると、『触るな。おれの作品をパクりやがったんだ。社長を呼べ。社長に話がある』と怒った様子で言っていた」と話していました。